昨日、歌謡曲を聴いて感じたこと

昨日、家に帰ってきてテレビをつけたらFNS歌謡祭という歌番組をやっていました。

日本の人気歌手がたくさん出ている番組だったので、久しぶりに聴いて懐かしい曲もたくさんありました。

といっても、家に帰ったのは夜の10時過ぎだったので、1時間程度しか見ることはできませんでした。

その中で、久しぶりに見て聴いたのが、浜崎あゆみさんの歌った「Seasons」という歌です。

このSeasonsの歌詞を引用させていただきます。

今年もひとつ季節が巡って
思い出はまた遠くなった
曖昧だった夢と現実の
境界線は濃くなった

それでもいつか君に話した
夢に嘘はひとつもなかった
La La-i

今日がとても楽しいと
明日もきっと楽しくて
そんな日々が続いてく
そう思っていたあの頃

繰り返してく毎日に少し
物足りなさを感じながら

不自然な時代のせいだよと
先回りして諦めていた
La La-i

今日がとても悲しくて
明日もしも泣いていても
そんな日々もあったねと
笑える日が来るだろう

幾度巡り巡りゆく
限りある季節の中に
僕らは今生きていて
そして何を見つけるだろう

この歌詞の中で心に残った部分は、

「不自然な時代のせいだよと先回りして諦めていた」と

「そんな日々もあったねと笑える日が来るだろう」という歌詞の部分です。

この歌詞を聴いて思い出したのは、中島みゆきさんの「時代」という歌でした。

続いて、「時代」という歌の歌詞も引用させていただきます。

今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には なれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから 今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみくり返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ

旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく
冷たい雨が降っていても

めぐるめぐるよ 時代はめぐる
別れと出会いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変って歩き出すよ

まわるまわるよ 時代はまわる
別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変って歩き出すよ

今日は倒れた旅人たちも
生まれ変って歩き出すよ

この2つの歌詞には、とても同期する部分があって、心に残る言葉がちりばめられているなあと感じます。

多くの人々が時代の中で「喜び」や「悲しみ」を感じながら生きているけれど、

「そんな日々や時代もあったと、笑って話せるときがくる」と思って、

「今日を歩いて行こう」というメッセージがこめられていると思うのです。

 

自分が生きている時代を、同じように多くの人が生きていて、ある人にとってはいい時代だし、ある人にとっては悲しい時代かもしれませんが、そういう時代に生きるすべての人々の生きる力が時代を前に進めているんだなあと思います。

2015年もとうとう12月を迎えました。あと1か月の2015年を精一杯生きていこうと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

あなたにも必ず明るい明日が来ます!

毎日の長距離通勤や遅くまでの残業と、都会で働くオフィスワーカーは、命を削りながら働いている人も多いのではないでしょうか?

仕事は「慣れ」といっても、自分の体力を越えて働くことは、「無理の骨頂」です。

一方で、会社では「効率的に仕事をしろ」とか、「残業はするな」とかいわれながら、「成果をいついつまでに出せ」というようなことを言われ、精根尽き果てるまで仕事をしている人もいるかもしれません。

そのような人は、もしかしたらこのように考えるかもしれません。

  • なぜ自分だけがこんな苦労をしているのだろう?
  • 自分の人生はこれでいいのだろうか?
  • 苦労しても報われる日がくるのだろうか?

毎日、八方ふさがりの中で自分の人生を後ろ向きに見つめながら働いている人もいるかと思います。宝くじと同じように、当たるまで待っていたら、あっという間に人生は終わってしまうかもしれません。ですから、あなたは待っていてはいけないのです。あなたの人生をあなた自身で変えるために、何かを始める必要があります。

砂漠をさまよう人が、オアシスを見つけて「助かった」と思うように、私たちのメンタルを回復させ、正常な状態までリセットさせるようなメンタルオアシスが必要な時代になってきていると思います。

かといって、何をすればいいのかがわからないという人も多いと思います。

大切なことは、無理をいつまでも続けても得るものは少ないということです。

自分を変え、まわりを変えない限り、状況は改善していかないのです。

でも、安心してください。

特別なことをしなくても、それを変えていくことは可能です。

今までかたくなに持ってきた自分の常識、過去にあったマイナスの感覚、社会の中でのまわりの人々の目、そういうものは、本来の自分とは全く違うものであることを認識すべきなのです。

本来の根元的な自分を見つめ、マイナスの過去と決別し、未来の自分をイメージすること。

そういう訓練をすることで、安らかな心を取り戻し、自分を信じて前に進むことができるようになります。

ヒューマン話し方教室のアイデンティティトレーニングは、まさにこのような訓練を行う場として、20年以上にわたり、多くの人々に支持されてきています。

決してあなたはひとりではない。だから勇気を出して明日からの自分を変えてみてください。

あなたの心が安心すると、自然とあなたのいい笑顔が見えてくると思います。

笑顔

ヒューマン話し方教室 スタッフより

優れたプレゼンには型があるらしい

これは、「ザ・プレゼンテーション」の著者であるナンシー・デュアルテさんの動画です。

彼女は、アメリカでは有名なプレゼンのプロであり、プレゼンの組み立て方についてのアドバイスをしています。

この動画を見てまず思うのは、話というのは1本調子なものでは聴衆に受け入れてもらえないものだということです。

私たちのまわりにも、同じトーンで、同じ繰り返しで、結論もなく、長々と話す人がいると思いますが、そういう時にあなたが考えることは、この話はいつ終わるのだろうということだけです。

スピーチやプレゼンにおいても、時系列的に「まずはこれをして、次にこれをして、最後にこれをした」というような話は、事実を述べている点は正しいのですが、そこに全く光るものがない話になってしまいます。

動画の中で、「ジグザグに進む」といったことや、「現在と未来と交互に行き来する」といった部分は、ビジネスの中で人と交渉する場合や、人を説得するような場合に、とても参考になるのではないかと思いました。

スティーブ・ジョブズ氏のプレゼンの中で、過去の写真と未来の写真を出して聴衆を笑わせるようなくだりがよくありましたが、そのようなことも聴衆を少しずつ引付けながら、次の未来を想像させていくという手法なのだと分析できます。

話し方は、単なる事実を話すのではなく、そこに聴衆を引き付けるためのスパイスを必要としています。

これは、料理番組にも通じるところがあるかもしません。

たとえば、「キャベツを刻んで皿に盛る」といった行為を説明するのに、

山形県で農業をやっていた山本さんという人が、代々続いている畑でキャベツを作っていましたが、天候の不順で出来不出来が左右されるキャベツの栽培を何とか克服しようと考えました。そこで、地元の仲間と廃校になった小学校の中を改造して野菜工場を作ることを考え、3年の歳月を経てなんとか軌道に乗せ、昨日最初のキャベツが出荷されました。

ここにあるキャベツは、その最初のキャベツなのですが、これまでのハウスで作ったキャベツと比べてその味はどうなのでしょうか?もちろん、通常のキャベツよりも高いコストがかかってはいますが、天候に左右されず、農薬などもほとんど使っていないということで、安定した価格で供給できるキャベツとして普及していくように思います。

このキャベツの名前は、野菜工場になった小学校の名称が「七郎丸小学校」だったことから、「七郎丸キャベツ」として今店頭に並んでいます。

最近、ラグビーのワールドカップで活躍した五郎丸選手の人気にあやかってのことではないのですが、今度地元の町では、キャベツをラグビーボールにしたキャベツラグビーが実施されるそうです。

というような話は「虚構の話」なのですが、1つのキャベツをめぐって過去から未来への話がつながっていく物語こそが、人の記憶に残っていく話だということをわかっていただきたいと思うのです。

ヒューマン話し方教室では、日々のトレーニングである「トークジム」を通して、何度も実践的にスピーチをすることで、短時間の話であっても人の心に残るような話し方がだんだんできるようになってきます。

また、ビジネス特訓集中講座やビジネススピーチ特訓講座という1日レッスン講座では、自分の話す姿や声を録画・録音することで、話の内容だけでなく、見る人に与える印象がどのようにすればよくなるのかという点について集中的にトレーニングすることができます。

「話し方が変われば、人生が変わります」

是非、皆さんもチャレンジしてみてください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

朝礼のスピーチが死ぬほどいやだと感じている人へ

なぜ、日本には朝礼というものがあるのだろうと思いませんか?

単なる業務の報告や仕事内容の確認という意味であれば納得はできても、スタッフが交代で朝礼でスピーチするというのは、どうみても日本ならではの習慣のような気がします。

もちろん、管理職ともなれば社員の統率や働く意欲を高めるという意味で、ある程度の「話」をしなければならないことも多いと思います。

しかし、昨今の日本の会社では、一般のスタッフが持ち回りで朝礼のスピーチを担当するという習慣が根付いているように思います。

そして、朝礼スピーチがあることで、会社に行きたくないと考える人も少ないないようです。

日本では、小学校から就職するまでに人前に立って話すという教育を全く受けていません。ですから、自己紹介くらいはできても、人に影響力のあるような話を人前でするなんて到底できないという人が多いのです。

特に、最近のスマホ世代の若者たちは、情報を集めることはあっという間にできたとしても、その情報を自分の言葉として発信して、多くの人に伝えるということは、苦手ではないでしょうか?

いや、スマホ世代だけではなく、中堅社員もそうだし、ベテラン社員であっても、そういう訓練を受けていない人は多いように思います。

そういうことから、会社では朝礼でのスピーチをスタッフレベルの社員に経験させることで、これからのリーダーとしての自覚と経験を身に着けてほしいと考えているように思われます。

しかし、当の本人にとっては、人前で話すことは恥ずかしいし、話す話題もないということで、しどろもどろになり、逆に恥をかいてしまい自信をなくしてしまう人が多いのです。

この傾向は管理職の男性だけではなく、最近増えている女性のリーダーやグループスタッフにとっても切実な問題となってきています。

つまり、朝礼で堂々と話ができることが、会社で生き残っていくために避けては通れない道になってきているのです。

しかし、自分の順番が回ってくると、ドキドキしたり精神的に追い詰められたりして、朝礼のある日には会社に行きたくないという人も多いのではないでしょうか。

実は、小学校以来習ったことがない「話し方の極意」を教えているのが「話し方教室」なのです。

その「極意」を習得するためには、頭ではなく体で話し方を覚えていくトレーニングをすることが一番大切なのです。

「話し方なんて、なんとかなるだろう」と考えている人も多いと思いますが、実はとても奥が深く、人が人に対して何かを伝えるということはとても大変なことなのです。

今の時代、苦手という人だけでなく、もっと話し方を追求したいという人も「話し方教室」を受講しているのです。

ヒューマン話し方教室の前身のヒューマンゼミナールの創始者である故捨田利裕先生は、「話し方はチャレンジレッスン」ということを言われていました。

私たちは、小学校以来、話し方を科目として学んだことは一度もないのです。ですから、最初から才能があるとか、ないとか、そういうものではなく、一から学ぶ機会を得ることが大切なのです。

自己流ではなく、きちんとしたトレーニングを受けることで話し方は飛躍的に上達していきます。話し方が変われば、あなたの人生も好転していくのです。

ですから、恥ずかしがらずに、基礎のトレーニングから始めてみてください。段階的に継続して続けていくと、ある時期から、自分の中に話し方の正しい作法が身についてくるはずです。

ただし、少しのトレーニングをすることで、頭でわかった気になる人も多いのですが、それでは本当の話し方の本質に到達はできません。たとえば、体験レッスンだけ受けてわかったような気になる人がそのような人です。

話し方はテクニックではなく、「人に伝える」という形のないものを体得する修行みたいなものなのです。

それは、ひいては自分を深みのある人間に成長させることができますし、それにより周りの多くの人を幸せにすることもできるのです。

そういう話し方の基礎を是非多くの人に学んでいただきたいと思っています。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

ホリエモンのスピーチで話の組み立てを学ぼう!

まずは、以下の動画を見てください

これは、近畿大学の卒業式でのホリエモンのスピーチです。

まず、気づくことはホリエモンの恰好です。卒業式の来賓といえば、黒いスーツに胸にリボンをつけている姿を想像しますが、Tシャツに青いジャケットという出で立ちです。

原稿も全く見ないで話す姿は、さすがにホリエモンだなあと思いました。

それでは、この話の内容について振り返ってみたいと思います。

話しの内容の振り返り

(1)レールの人生から脱却して、今からやることは何か?

  • みなさん、おはようございます。
  • レールの上を走ってきた人生はこれで終わりです。
  • 卒業→就職→結婚→家族→家を建てる→定年→退職なんていう普通の人生は歩めない。
  • インターネットとグローバル化の中で社会のしくみは知らないうちに大きく変わっている
  • だから、できるだけ自分で情報に触れ、ブログやSNSで発信することが大切
  • ブログやSNSは自分の頭で考え、発信していく「くせ」をつけることができる。

(2)アタリマエの時代は終わった。

  • 権威がアタリマエでない時代になる。
  • 権威、マスコミ、会社の上司が言っていることに従えばいいという時代はとうに終わっている。
  • これらのことはすべてグローバル化がもたらしたこと。
  • 日本は戦後豊かになったが、その昔貧しかった時代のことを知らない人が多い。
  • この豊かな日本がアタリマエだった時代はすでに終わっている。

(3)グローバル時代への危機感を持て!

  • 先日北海道でタイ式マッサージを受けたが、その料金は5000円だった。
  • 一方、タイの本場で受けたマッサージの料金はチップも含めて2500円だった。
  • その差は、たった2倍。東南アジアの経済発展は急速に進んでいる。
  • 東南アジアには富裕層がゴロゴロいる。
  • そういう時代に突入しているという危機感を持っている人が少なすぎる。
  • アフリカの奥地に携帯電話の基地局を立て、中国の安い携帯が普及している。
  • これまで未開発の地域に住んでいた人たちが、スマホで世界最高峰の知に触れることができる。
  • これからは、そういう人たちと同じ土俵で生きていくことになる。
  • そして、努力をしない人は取り残されてくる世の中になる。

(4)常識に縛られてはいけない。

  • これまで生きてきたようにレールの上を走り、まわりの目を気にしていればいいという時代は終わった。
  • 入った会社だって、つぶれるかもしれないし、合併されるかもしれない。
  • 人間関係・家族制度・道徳・倫理・常識などは変わってゆく。
  • 情報を収集して、常識にしばられないことが大切だ。

(5)チャレンジをすることを恐れるな。

  • でも、未来は悲観することはない。
  • 私もジェットコースターのような人生を送ってきたが、悪いことはすべて忘れるようにしている。
  • 過去を悔やんでもいいことはない。
  • チャレンジすれば失敗はあるかもしれないが、成功することもある。
  • チャレンジしなければ、失敗することもなりが、決して成功することはない。
  • もし失敗したときは、再発防止策を練って、酒を飲んで寝て、忘れることが大切。
  • そして次なるチャレンジがうまくいくと思いこむことです。

(6)未来はわからない。今に集中して生きろ!

  • グローバル社会になって、道なき道を歩むようになる。
  • 年金がもらえるだろうかと今から考えても、未来は思うようにはならない。
  • だから、僕は老後のことなんか考えない。老後になってから考えればいい。
  • 人間は、5年先でも予測なんてできない。
  • 10年前に、歩きスマホして、ラインをしている姿を想像することができただろうか。
  • 未来のことなんか心配しても意味がない。過去を悔やんでいる暇もない。
  • 今を一生懸命に生きるしかない。
  • 楽しく生きるためには、今を集中していきればいい。
  • 目先のことに集中すること。まずはそれをやってください。

(7)贈る言葉

  • 最後に贈る言葉をいいます。
  • 未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。
  • ありがとうございました。

——————-

話しの組み立て

最初に導入部分で、レールに乗った人生が終わり、新たな人生のステージに立っていることを述べています。今からやらなければならないことは
「インターネットで情報を収集し、自分の頭で考えられるようブログやSNSで情報発信をしなさい」
と、具体的な結論を述べるともに、これを布石として、次の話にその理由を探させています。

次に、権威に頼るアタリマエの時代と豊かだった日本が終わるということを述べ、さらに、自分の経験という具体例を述べながら、グローバル時代の登場により、世界や東南アジアの状況が大きく変わってきて、努力しなければ取り残されていくという危機感を伝えています。

さらに、今まで信じていた常識が変わってゆく時代が来るので、変化する時代に対応するためには、今までの常識に縛られてはいけないと強調しています。

そして、ここまで述べてきた流れを大きく変える言葉が出てくるのです。

それは、「でも、未来は悲観することはない」という一言です。

自分の経験を述べながら、チャレンジして失敗しても大丈夫という安心感と、未来なんかわからないんだから、過去に何があっても、今を一生懸命に生きればいいんだと訴えています。
そして、今を集中して生きることこそが大切なんだと話をまとめに導いています。

最後に、象徴的な贈る言葉として、
「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」
という言葉で、スピーチを閉めています。

起承転結のルール

話の流れのほとんどは、「起承転結」で必ずできています。

結論は、以外と単純なことなのだが、その前ふりこそが、スピーチの良し悪しを決めているのです。

1つの言葉の重みをより重くし、深みをより深くするために、身近な具体例をあげながら、話をすすめていく必要があります。

大切なのは、「転」のところです。

ほとんどの話で「転」には「救い」があります。物事が好転するというキッカケが「転」なのです。

「結」を導くための「起承転」なのです。

こういう話の組みたては、原稿もなしに作ることは不可能です。

何度も話の流れを考えていく中で、最もしっくりとくる流れに仕上げていく作業があります。

十分に練られたスピーチは、人々の心に残り、語り継がれます。

決して簡単なスピーチであっても、自分を表現する場なのです。

そういう意味で、ホリエモンのスピーチは十分に練られているスピーチだと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

ビジネススピーチ特訓講座