ストレス社会の中での心の許容値

私たちは、毎日生きているだけで数々のストレスを受けています。

しかし、すべてのストレスが自分にとってマイナスではありません。

自分にストレスを与えるものを一つ一つ書き出してみると、以外なことに気付くかもしれません。

(1)環境からのストレス

たとえば、天気、気温などの環境、混んだ電車や、長時間の通勤などがこれにあたります。基本的には、多くの人に同じようなストレスがかかっているものについては、「しょうがない」と考えるので、大きなストレスにはなりにくいと思います。

ただ、震災や災害などにあって、環境が大きく変わってしまうと、昔の記憶と現在の状態が違いすぎるということで、大きなストレスがかかってしまうことがあります。地震などにあって必死で避難しているときよりも、ある程度落ち着いて自分の環境を見つめてしまうと、このような状態になります。

(2)人間関係のストレス

家庭内での問題、地域での付き合い、会社での人間関係などがこれにあたります。毎日会う人、話す人だからこそ、ストレスになりやすいと思います。ただ、ストレスの原因は相手だけにあるのではなく、自分にもあることが多いので、自分の対応だけで、半分は制御することができるストレスです。

(3)自分の中にあるストレス

これは、病気や体調によるストレスと、心や考え方によるストレスの2つに分けられると思います。病気の場合は、病名が分かってしまったり、治療方法が確立すれば、ストレスの程度は小さくなりますが、病名や治療方法が明らかにならないような病気に関しては大きなストレスになると思います。

一方で、一番問題となるのが心や考え方で生まれてしまうストレスです。たとえば、他人と自分を比較して自分が劣っていると考えてしまうようなストレスです。自分が正しいと思っていたことを他人が否定するような場合にも、自分の中にストレスがたまります。これらのストレスは目には見えないストレスであるがゆえに、解決の手法が見つかりにくく、他人には理解できないストレスであるために自分ひとりで抱え込んでしまいがちです。

(4)お金に関するストレス

私達は、死ぬまでずっと生きていくためにお金を得ることが必須です。ですからお金を稼いだり、物を買ったりすることは避けては通れません。しかし、現代のストレスの多くは、お金を持つものと、持たないものの間にある格差によって生じていることが多いのではないかと思います。

みんなが貧しい時代には、それほどなかったことが、成熟した日本社会で生じていて、それが日々のストレスになっていることもあるかと思います。

(5)競争社会のストレス

人は平等であるといいながら、私達は絶えず人との競争にさらされています。会社であれば、同じ業界内での競争、外国の会社との競争にさらされていますし、個人の場合は、会社での個人評価や、社会での評価、家族や親せき内での評価なども自分自身が感じるストレスになります。

現代社会は、永久に競争をやめない社会であるということが、世界中の人々の心に大きな重圧を与えていることは間違いありません。

 

このようにストレスを分類してみて思うのは、ストレスから逃げることはできないということです。これらのストレスを自分の中でどのように処理していけば、正常な心や生活を保つことができるかが、個人個人の中で問われていることだと思います。

私達の中でも、ストレスをあまり感じない人と、なんでもストレスに感じてしまう人がいます。このような人の違いはどこから来るのでしょうか?

体力があればストレスは乗り越えられるのでしょうか?それとも、根性があればストレスは乗り越えられるのでしょうか?

私自身は、こう考えます。1つのストレスがあったとき、そのストレスをどのように自分の中で解釈するかだと思います。その解釈の仕方によって、ストレスはストレスではなく、ただのあるがままという状態に変わるように思います。

ストレスを抱える多くの人が持つ問題は、ストレスの連鎖です。1つのストレスから多くのストレスが派生し、増大してくることが一番危険なことです。

自分の生活を見つめなおし、自分のライフスタイルや自分の固定観念を変えてゆくことで少しずつストレスを「あるがまま」という状態に変えられるのではないかと思うのです。

「話す」という行為は、それだけでストレスの解消になることがあります。自分が考えたことや、自分に起こったことを人に話すだけで、とても安心した気分になります。

人と打ち解けあって話せないという人は、ストレスがたまりやすいと思います。コミュニケーションの不足から誤解が生じて、それがストレスに発展することもあります。ですから、人と人が「話す」という行為だけで、世界中のストレスの容量は減少していくのです。

私たちが生まれたときから持っている「話す」「笑う」「怒る」「泣く」という基本的な能力こそが、ストレスを無力化し「あるがまま」の姿に変えていくことができると思うのです。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

昨日、歌謡曲を聴いて感じたこと

昨日、家に帰ってきてテレビをつけたらFNS歌謡祭という歌番組をやっていました。

日本の人気歌手がたくさん出ている番組だったので、久しぶりに聴いて懐かしい曲もたくさんありました。

といっても、家に帰ったのは夜の10時過ぎだったので、1時間程度しか見ることはできませんでした。

その中で、久しぶりに見て聴いたのが、浜崎あゆみさんの歌った「Seasons」という歌です。

このSeasonsの歌詞を引用させていただきます。

今年もひとつ季節が巡って
思い出はまた遠くなった
曖昧だった夢と現実の
境界線は濃くなった

それでもいつか君に話した
夢に嘘はひとつもなかった
La La-i

今日がとても楽しいと
明日もきっと楽しくて
そんな日々が続いてく
そう思っていたあの頃

繰り返してく毎日に少し
物足りなさを感じながら

不自然な時代のせいだよと
先回りして諦めていた
La La-i

今日がとても悲しくて
明日もしも泣いていても
そんな日々もあったねと
笑える日が来るだろう

幾度巡り巡りゆく
限りある季節の中に
僕らは今生きていて
そして何を見つけるだろう

この歌詞の中で心に残った部分は、

「不自然な時代のせいだよと先回りして諦めていた」と

「そんな日々もあったねと笑える日が来るだろう」という歌詞の部分です。

この歌詞を聴いて思い出したのは、中島みゆきさんの「時代」という歌でした。

続いて、「時代」という歌の歌詞も引用させていただきます。

今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には なれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから 今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみくり返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ

旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく
冷たい雨が降っていても

めぐるめぐるよ 時代はめぐる
別れと出会いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変って歩き出すよ

まわるまわるよ 時代はまわる
別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変って歩き出すよ

今日は倒れた旅人たちも
生まれ変って歩き出すよ

この2つの歌詞には、とても同期する部分があって、心に残る言葉がちりばめられているなあと感じます。

多くの人々が時代の中で「喜び」や「悲しみ」を感じながら生きているけれど、

「そんな日々や時代もあったと、笑って話せるときがくる」と思って、

「今日を歩いて行こう」というメッセージがこめられていると思うのです。

 

自分が生きている時代を、同じように多くの人が生きていて、ある人にとってはいい時代だし、ある人にとっては悲しい時代かもしれませんが、そういう時代に生きるすべての人々の生きる力が時代を前に進めているんだなあと思います。

2015年もとうとう12月を迎えました。あと1か月の2015年を精一杯生きていこうと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

あなたにも必ず明るい明日が来ます!

毎日の長距離通勤や遅くまでの残業と、都会で働くオフィスワーカーは、命を削りながら働いている人も多いのではないでしょうか?

仕事は「慣れ」といっても、自分の体力を越えて働くことは、「無理の骨頂」です。

一方で、会社では「効率的に仕事をしろ」とか、「残業はするな」とかいわれながら、「成果をいついつまでに出せ」というようなことを言われ、精根尽き果てるまで仕事をしている人もいるかもしれません。

そのような人は、もしかしたらこのように考えるかもしれません。

  • なぜ自分だけがこんな苦労をしているのだろう?
  • 自分の人生はこれでいいのだろうか?
  • 苦労しても報われる日がくるのだろうか?

毎日、八方ふさがりの中で自分の人生を後ろ向きに見つめながら働いている人もいるかと思います。宝くじと同じように、当たるまで待っていたら、あっという間に人生は終わってしまうかもしれません。ですから、あなたは待っていてはいけないのです。あなたの人生をあなた自身で変えるために、何かを始める必要があります。

砂漠をさまよう人が、オアシスを見つけて「助かった」と思うように、私たちのメンタルを回復させ、正常な状態までリセットさせるようなメンタルオアシスが必要な時代になってきていると思います。

かといって、何をすればいいのかがわからないという人も多いと思います。

大切なことは、無理をいつまでも続けても得るものは少ないということです。

自分を変え、まわりを変えない限り、状況は改善していかないのです。

でも、安心してください。

特別なことをしなくても、それを変えていくことは可能です。

今までかたくなに持ってきた自分の常識、過去にあったマイナスの感覚、社会の中でのまわりの人々の目、そういうものは、本来の自分とは全く違うものであることを認識すべきなのです。

本来の根元的な自分を見つめ、マイナスの過去と決別し、未来の自分をイメージすること。

そういう訓練をすることで、安らかな心を取り戻し、自分を信じて前に進むことができるようになります。

ヒューマン話し方教室のアイデンティティトレーニングは、まさにこのような訓練を行う場として、20年以上にわたり、多くの人々に支持されてきています。

決してあなたはひとりではない。だから勇気を出して明日からの自分を変えてみてください。

あなたの心が安心すると、自然とあなたのいい笑顔が見えてくると思います。

笑顔

ヒューマン話し方教室 スタッフより

優れたプレゼンには型があるらしい

これは、「ザ・プレゼンテーション」の著者であるナンシー・デュアルテさんの動画です。

彼女は、アメリカでは有名なプレゼンのプロであり、プレゼンの組み立て方についてのアドバイスをしています。

この動画を見てまず思うのは、話というのは1本調子なものでは聴衆に受け入れてもらえないものだということです。

私たちのまわりにも、同じトーンで、同じ繰り返しで、結論もなく、長々と話す人がいると思いますが、そういう時にあなたが考えることは、この話はいつ終わるのだろうということだけです。

スピーチやプレゼンにおいても、時系列的に「まずはこれをして、次にこれをして、最後にこれをした」というような話は、事実を述べている点は正しいのですが、そこに全く光るものがない話になってしまいます。

動画の中で、「ジグザグに進む」といったことや、「現在と未来と交互に行き来する」といった部分は、ビジネスの中で人と交渉する場合や、人を説得するような場合に、とても参考になるのではないかと思いました。

スティーブ・ジョブズ氏のプレゼンの中で、過去の写真と未来の写真を出して聴衆を笑わせるようなくだりがよくありましたが、そのようなことも聴衆を少しずつ引付けながら、次の未来を想像させていくという手法なのだと分析できます。

話し方は、単なる事実を話すのではなく、そこに聴衆を引き付けるためのスパイスを必要としています。

これは、料理番組にも通じるところがあるかもしません。

たとえば、「キャベツを刻んで皿に盛る」といった行為を説明するのに、

山形県で農業をやっていた山本さんという人が、代々続いている畑でキャベツを作っていましたが、天候の不順で出来不出来が左右されるキャベツの栽培を何とか克服しようと考えました。そこで、地元の仲間と廃校になった小学校の中を改造して野菜工場を作ることを考え、3年の歳月を経てなんとか軌道に乗せ、昨日最初のキャベツが出荷されました。

ここにあるキャベツは、その最初のキャベツなのですが、これまでのハウスで作ったキャベツと比べてその味はどうなのでしょうか?もちろん、通常のキャベツよりも高いコストがかかってはいますが、天候に左右されず、農薬などもほとんど使っていないということで、安定した価格で供給できるキャベツとして普及していくように思います。

このキャベツの名前は、野菜工場になった小学校の名称が「七郎丸小学校」だったことから、「七郎丸キャベツ」として今店頭に並んでいます。

最近、ラグビーのワールドカップで活躍した五郎丸選手の人気にあやかってのことではないのですが、今度地元の町では、キャベツをラグビーボールにしたキャベツラグビーが実施されるそうです。

というような話は「虚構の話」なのですが、1つのキャベツをめぐって過去から未来への話がつながっていく物語こそが、人の記憶に残っていく話だということをわかっていただきたいと思うのです。

ヒューマン話し方教室では、日々のトレーニングである「トークジム」を通して、何度も実践的にスピーチをすることで、短時間の話であっても人の心に残るような話し方がだんだんできるようになってきます。

また、ビジネス特訓集中講座やビジネススピーチ特訓講座という1日レッスン講座では、自分の話す姿や声を録画・録音することで、話の内容だけでなく、見る人に与える印象がどのようにすればよくなるのかという点について集中的にトレーニングすることができます。

「話し方が変われば、人生が変わります」

是非、皆さんもチャレンジしてみてください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

朝礼のスピーチが死ぬほどいやだと感じている人へ

なぜ、日本には朝礼というものがあるのだろうと思いませんか?

単なる業務の報告や仕事内容の確認という意味であれば納得はできても、スタッフが交代で朝礼でスピーチするというのは、どうみても日本ならではの習慣のような気がします。

もちろん、管理職ともなれば社員の統率や働く意欲を高めるという意味で、ある程度の「話」をしなければならないことも多いと思います。

しかし、昨今の日本の会社では、一般のスタッフが持ち回りで朝礼のスピーチを担当するという習慣が根付いているように思います。

そして、朝礼スピーチがあることで、会社に行きたくないと考える人も少ないないようです。

日本では、小学校から就職するまでに人前に立って話すという教育を全く受けていません。ですから、自己紹介くらいはできても、人に影響力のあるような話を人前でするなんて到底できないという人が多いのです。

特に、最近のスマホ世代の若者たちは、情報を集めることはあっという間にできたとしても、その情報を自分の言葉として発信して、多くの人に伝えるということは、苦手ではないでしょうか?

いや、スマホ世代だけではなく、中堅社員もそうだし、ベテラン社員であっても、そういう訓練を受けていない人は多いように思います。

そういうことから、会社では朝礼でのスピーチをスタッフレベルの社員に経験させることで、これからのリーダーとしての自覚と経験を身に着けてほしいと考えているように思われます。

しかし、当の本人にとっては、人前で話すことは恥ずかしいし、話す話題もないということで、しどろもどろになり、逆に恥をかいてしまい自信をなくしてしまう人が多いのです。

この傾向は管理職の男性だけではなく、最近増えている女性のリーダーやグループスタッフにとっても切実な問題となってきています。

つまり、朝礼で堂々と話ができることが、会社で生き残っていくために避けては通れない道になってきているのです。

しかし、自分の順番が回ってくると、ドキドキしたり精神的に追い詰められたりして、朝礼のある日には会社に行きたくないという人も多いのではないでしょうか。

実は、小学校以来習ったことがない「話し方の極意」を教えているのが「話し方教室」なのです。

その「極意」を習得するためには、頭ではなく体で話し方を覚えていくトレーニングをすることが一番大切なのです。

「話し方なんて、なんとかなるだろう」と考えている人も多いと思いますが、実はとても奥が深く、人が人に対して何かを伝えるということはとても大変なことなのです。

今の時代、苦手という人だけでなく、もっと話し方を追求したいという人も「話し方教室」を受講しているのです。

ヒューマン話し方教室の前身のヒューマンゼミナールの創始者である故捨田利裕先生は、「話し方はチャレンジレッスン」ということを言われていました。

私たちは、小学校以来、話し方を科目として学んだことは一度もないのです。ですから、最初から才能があるとか、ないとか、そういうものではなく、一から学ぶ機会を得ることが大切なのです。

自己流ではなく、きちんとしたトレーニングを受けることで話し方は飛躍的に上達していきます。話し方が変われば、あなたの人生も好転していくのです。

ですから、恥ずかしがらずに、基礎のトレーニングから始めてみてください。段階的に継続して続けていくと、ある時期から、自分の中に話し方の正しい作法が身についてくるはずです。

ただし、少しのトレーニングをすることで、頭でわかった気になる人も多いのですが、それでは本当の話し方の本質に到達はできません。たとえば、体験レッスンだけ受けてわかったような気になる人がそのような人です。

話し方はテクニックではなく、「人に伝える」という形のないものを体得する修行みたいなものなのです。

それは、ひいては自分を深みのある人間に成長させることができますし、それにより周りの多くの人を幸せにすることもできるのです。

そういう話し方の基礎を是非多くの人に学んでいただきたいと思っています。

ヒューマン話し方教室 スタッフより