私たち日本人のアイデンティティとは何なのか?

私たちのアイデンティティとは何なのでしょうか?
日本人として生まれ、日本語を話し、日本という国に住んで、何のために生きているのでしょうか?

仕事で忙しい人は、自分のアイデンティティに対して、悩む時間はありません。
むしろ、自分のアイデンティティを考えると今の生き方に不安を持つかもしれません。

一方、仕事を失ったときには、自分のアイデンティティについて深く考える時間を持つことができます。
しかし、そんなことを考えるより、再び仕事に就いて、そういうことに悩まない生活をしたいと考えます。

実のところ、人はそれほど強くないために、自分のアイデンティティに正面から立ち向かうということを避けたり、ごまかしたりして生きているのかもしれません。

昨日のニュースで、7月7日に永 六輔さんが亡くなられたことを知りました。
永さんは、昭和一桁世代として、戦争を経験して、そのことを多くの人に伝えなければという思いで晩年を生きていたようです。

戦争が終わった翌年の1946年の4月に、雑誌「新潮」から坂口安吾氏の「堕落論」が発表されます。
戦争の混乱の中で、出されたこの衝撃的な文章は、当時の日本人のアイデンティティに大きな影響を与えたものとして有名です。

先日、この「堕落論」に触れる機会があり、読んでみたのですが、とても興味深い文面でした。
かなり難しい文章ですが、興味のある方は、読んでみてください。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42620_21407.html

私なりにこの文章を解釈することは、かなり難しいことなのですが、最後の文章の中の

「人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。そして人の如くに日本も亦堕ちることが必要であろう。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。」

という言葉が印象的でした。

坂口安吾の「堕ちる」という言葉は、「堕落する」という意味ではなく「公の考え方(常識)に頼ることを拒否して、素の自分を見つめ続けること」に相当するのではないかと思われます。

戦後の混乱の時代に、アイデンティティをなくし彷徨う日本人に、堕ちるところまで、しっかりと堕ちて、自分を見つめなおすことが大切だと問いかけたのではないかと思います。

私自身も、この文章に触れて、時代に左右されず、常識に左右されず、肩書きに左右させず、自分自身の心のあり方をしっかりと見つめることが、アイデンティティを考えることなのだと気づかされました。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

毎日、朝礼でスピーチする時の心構えとは?

自分にとって、同じ人たちの前で朝礼のスピーチをすることは、何の意味があるのだろうと考えている人も多いのではないでしょうか?

会社の決まりだからという理由で、管理職やスタッフになると好きでもないスピーチを毎朝やらされて、そんなに毎日話すこともなく、話のネタはとうに尽きているというというのが本音だと思うのです。

毎日のニュースや、仕事の中で起きたことに対して、朝が来るたびにネタを拾って、「今日は何を話そうかな」なんて考えることって、どうみても苦痛だと思います。

人の前に立つと、緊張してしまい、頭の中で考えたことを言葉に出しただけでは、全然まとまっていない話になって気恥ずかしい思いをしたことは誰でもあると思います。

それでも、毎日のことだから、人間というのは恐ろしいものでだんだんと慣れてきて、それなりに話ができるようになってはくるのですが、それでも「朝礼のスピーチ」は心の中では「かなりのストレス」になっている人も多いと思うのです。

もともと、朝礼のスピーチというのは、聞く人にとっては「それほど大したものではない」というものなのですが、いざ話す側になると、「きちんと話さなくちゃ」とか「いい話をしなくちゃ」と思いすぎているんだと思うのです。

要は「今日も一日、がんばって仕事しましょう!」ということを言えばいいだけで、会社への問題提起や、仕事に対しての問題を考えるというような場ではないのです。

ですから、「時間は30秒以内」で、「自分の頭に浮かんだすごく軽い話題」をさらっと言って、それから「今日も一日がんばりましょう!」と言えば、終わりです。

長々と小難しい話題を朝から聞かされて嬉しい人はいませんので、何よりも簡潔で、すぐに終わるのが一番です。

ただし、大切なことがあります。

それは、背筋を伸ばして、聞いている人たち全員の顔をひとりひとり見回しながら、大きな声で話すことです。

「ひとりひとりに対して、みんな今朝は元気ですか?」と話しかけるような感じで見渡すのがいいでしょう。

たった、それだけで大丈夫ですから。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

30代で悩むことが最も大切である

人生の中で最も悩む時期は、おそらく30歳~40歳の時期ではないかと思います。

30代は、いろんな意味でまわりからのプレッシャーというものを感じ、ストレスをためてしまう年代だと思うのです

仕事では成果を求められ、男女ともに結婚というハードルを意識しながら、自分の進むべき道に悩むというのが30代の切実な悩みのような気がします。

20代の頃に思い描いていた自分の姿が、30代になると「このままでいいいのだろうか?」という疑問が生じ、今の自分のポジションを保持しながらも、これからの自分の進むべき道に不安を感じてしまう時期です。

忙しさの中で、流れに流されている自分に「このままでいいのか・・・」という焦りだけが募る時期です。

一念発起して転職しようと思っても、30代での転職はある意味一生を左右するものになるので、なかなか踏み出せずにいる人も多いと思うのです。

肉体的にはまだまだ若さがあり元気だが、精神的には振れ幅が大きく、落ち込んでしまうこともある。

そういう30代をどのように乗り切ればいいのでしょうか?

孔子の有名な言葉に、

子曰く、
吾十有五にして学に志す、
三十にして立つ、
四十にして惑わず、
五十にして天命を知る、
六十にして耳順う、
七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず

というものがあります。

私自身も30代の頃を振り返ると、精神的にかなり余裕がなかったように思います。

そんな中、孔子の言葉は自分の人生を考える上でとても参考になりました。

私にとって、孔子の言葉の中の「四十にして惑わず」という言葉は、とても勇気を与えるものでした。

それは、「孔子であっても40歳になるまでは迷っていた」ということだからです。

つまり、30代で自分の人生の方向性について迷うということは自然なことで、迷うからこそ、40代になったときに正しい方向性が見えるようになるのだと思うのです。

そういう意味で、30代で悩むことは正しいのです。

自分の人生の方向性を悩み、自分のアイデンティティをしっかりと見つめることで、悔いのない30代を生きることができると思います。

30代の皆さん、勇気を持って積極的に自分の進むべき道を模索してください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

繰り返す中で、話し方のコツが見えてくる瞬間が訪れる

jibun-genkai

自分で限界を決めないということは、自分の無限の可能性を信じることです。
今の時代は、頭で理解しただけで、わかったような気になっている人が多すぎます。
とことん泥臭くてもいいから、自分で何度もやってみるという根性も必要です。

 

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」という言葉があります。

苦しい時も過ぎ去ってしまえば、助けてくれた人への恩義も忘れてしまうという意味です。

今だけ乗り切ればいいという短絡的な考え方で生きてゆくこともできますが、人の力を借りて一時的に出来たとしても、それは決して実力ではないので、再び同じ境遇になってしまったときには、さらに困った状況に自分が追い詰められてしまうこともあります。

物事を成し遂げるということは、決して簡単なことではなくて、プロフェッショナルと呼ばれるレベルに達する人は、絶えず努力をし続け、常に新しい挑戦を続けています。

プロと呼ばれる人であっても、最初から才能のある人なんて、まずいません。

毎日の繰り返しの中で、わずかな進歩を積み重ねてプロになっていくのだと思います。

 

私たちは、生まれてこのかた、ずっと日本語を話しています。

そういう意味では、私たち日本人は、日本語のネイティブなのです。

しかし、日本語の表現や慣用句、漢字やその読み方などを全部知っているわけではありません。

つまり、ずっと日本語を使っていたとしても、いろんな表現ができるわけではないのです。

同じことを表現するとしても、百人には百とおりの話し方があります。

どの話し方がよくて、どの話し方が悪いというわけではありません。

ただ、様々の状況に応じた話し方のバリエーションを持っていたほうが、より表現力が豊かになります。

たとえば、

・相手のモチベーションを上げる話し方
・聞き手を引き付け、理解させる話し方
・相手をリスペクトしながら、交渉する話し方
・多くの人に共感を与える話し方
・話をより深めていく話し方
・笑いや、親近感を持たせる話し方

などがそうです。

これらの話し方は、本を読んで身に付くような簡単なものではありません。

自分の中でテーマを持って、何度も繰り返してトレーニングすることで、少しずつコツが体得されてくるというものです。

もし、あなたが話し方に興味があるのであれば、本で学ぶのではなく、話し方教室で人前で話すトレーニングを何度も体験して、体験する中で話し方のコツを自分なりに体得してゆく必要があります。

特に、日頃からあまり話さない生活をしている人は、会社や会合などで人前に立ったときに、しどろもどろで、まとまりのない、だらだらとした話をしてしまうことが多いのです。

簡単に言うと、「歌うのを忘れてガーガー鳴いているカナリア」みたいな感じです。

そうならないために、私たちは、もっともっと話し方を鍛えなければならないのです。

特に、私たち日本人は、シャイで自分の意見をはっきり言えないことで有名です。
世界の広さは日本だけで生活しているとわかりませんが、私たち日本人は、もっともっと話すことを好きになる必要があるように思うのです。

実のところ、スマホの普及によって、話す頻度が減り、話すことが苦手な人がどんどん増え続けているようです。

話し方教室は、そのような方に、本当の話し方を教えるところです。そして、何度も人前でトレーニングする中で、あなた自身の中にいつしか話し方のコツが生まれてきて、自然に表現力あふれる言葉が出てくるようになります。

決して数回のトレーニングで体得できるものではありません。高い目標をもって続けることで、自分の能力が開花する瞬間に出会うことができます。

今こそ是非、チャレンジしてみてください。ヒューマン話し方教室でお待ちしています。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

信頼されるような人になるために

人との信頼

話し方をテーマにこのブログを読んでいる方も多いと思いますが、話し方が目指しているゴールの一つは、「信頼されるような人になる」ということだと思うのです。

人に自分のことをわかってもらうために、自分のことをいくら話したとしても、それは自分を表現することではありません。

相手との対話の中で、きちんとした会話を積み重ねていれば、自然に自分を正しく理解してもらうことになります。

最近は、必要最小限ことしか話さないという人も多いのですが、この場合は会話に遊びの部分がなくて、人間としての魅力が感じられなくなってしまいます。

たとえ仕事ができても(実際には自分で出来ていると思っているだけ)、人との会話を楽しむという部分がないと、自分を間違って理解されてしまう危険性があります。

そういう意味で、「何を話すか」という部分こそが信頼されるポイントです。

たぶん、話下手の人は、自分から話すというより、相手に聞かれたら話すという行動習慣を持っていると思います。

しかし、たまに自分から相手に何かを訪ねるような場合には、どういう手順で話して行けばいいのかが、よくわからないということになるわけです。

いきなり、本題だけを伝えても、相手はキョトンとして答えてくれません。

要は、本題に至るまでの導入部分の会話が必要になるわけです。

かといって、導入部分の会話が長すぎると相手が飽きてしまいますので、適当なころあいで本題に入っていく必要があります。

このような会話は、会社の上司と部下の間でも必要になると思いますし、人事で面接する場合の面接官と対象者の間でも必要になると思います。

話し方が苦手だと感じている人は、話すことに焦ってしまうために、言葉を発することができなくなるか、逆にまとまりのない言葉を発して誤解を与えてしまうのだと思います。

話す前に、一呼吸おいて、「そうですね~」といってからよく考えながら言葉を選んで話すということが必要なことだと思います。

普段の会話においても、言葉を選びながら話すということを心がけておくと、突然人前で話すことになっても同じように考えながら話すことが出来るようになります。

「話し方は行動習慣である」という言葉を覚えておいてください。

普段からの何気ない会話であっても、言葉を選びながら話す習慣をつければ、自分を正しく表現できるようになり、人から信頼されるようになると思います。

さらに、ここでもう一つのことを書いておきたいと思います。

自分がまとまりのない話し方をしているなあ~と考えている人は、「話し方」といっしょに「書き方」を見直してください。

たとえば、人が話した内容をメモ書きするときに、あなたはどのようなメモを取っているでしょうか。

「話を整理してまとめて書く」という行動習慣も、実はとても大切なことなのです。

人前でのスピーチをする場合は、自分の話したい内容をきちんと書いて、それに沿って話すということが求められます。

スピーチの機会なんてない!と言う人はなおさら「話を整理してまとめて書いておく」という習慣が必要です。

話すことと書くことは表裏一体です。どちらもトレーニングして鍛えていくことで、自分の強みになっていくと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより