子供の英語教育と大人の英語教育

かなり昔から「議論」という形で専門家の間で意見が対立している。

「英語教育を幼少期に始めるべきか」という議論だ。

幼少期こそ、正しい日本語を身に着けることが必要であり、その時期に英語を勉強すると、日本語が正しく身につかなくなり、ひいてはその他の科目にも影響がある。さらに、情報機器の普及によって漢字が書けないなどの弊害も生まれており、子供の時期にしっかりした国語力を身に着けることが大切だ。と反対派は言う。

一方、賛成派は、幼少期から英語を学べば、将来にわたって英語の発音が正しく聞こえたり、話せたりするようになり、その後の英語の習得にかなり有利になると共に、英語の文法力よりも会話力に重点を置いた学習形態に変化させていくことで、グローバル社会で必要とされるより多くの人材の育成が可能になる。と言っている。

このような議論とは別に、世間の親はわが子に英語教育が受けられる小学校に入れようと躍起になっているという話も聞く。

大人になってから思うのは、「英語が話せないのは学校教育のせいだ」と言いたいのだろうが、同じような教育を受けても、話せる人と話せない人がいるということは、一概に学校教育のせいとは言えない面もあると思う。

最近あるYoutubeの動画を見て、衝撃を受けた動画がある。 それは、以前に書いた記事で紹介したが、赤ちゃんが6ヶ月から1歳の間に聞いた音で、音を聞き分ける脳が作られていて、その後は歳をとるにつれ音を聞き分ける能力が退化していくという話である。

さらに、その音というのは、人間が直接赤ちゃんに対して語りかけるという形でしか有効ではないということらしい。 幼児期に親が話しかけるということが、その子の言語能力を最も高めているということをこのことは示していて、おそらく、その後の複雑な言語の習得にも大きな影響を与えているように思われる。

最近は、電車の中で、子供が泣いているのに、無視してスマホをいじっている親を見かけることもあり、そういう親が子供の脳に影響を与えていると思うと、この国の将来に一抹の不安を感じてしまう。

私たち大人は、子供たちの可能性を広げるためと、良識のある大人になってもらうために学校教育をよりよいものにしてもらいたいと願っているが、時代時代で変わってゆく勝手な大人たちの思惑で、団塊世代、バブル世代、氷河期世代、ゆとり世代、さとり世代と呼ばれる世代が生まれたりしていることを考えると、学校教育は固定的なものでなくて、時代に対応して変化してきたものらしい。

しかし、どのような教育を受けるにしても個人差はあり、何かが得意であれば、何かが不得手であるという千差万別の個性というものは変えがたいところのようだ。 幼児期から小学生に至るまでの英語教育のあり方のみならず、今を生きる私たち大人の英語教育のあり方も同時に考える時期に来ているのではないだろうか?

ヒューマン話し方教室 スタッフより

「歌会始」をテレビで初めて見ました

昨日、NHKで「歌会始」(うたかいはじめ)の様子が放送されていました。

何気なくテレビをつけていると、何やら厳かな中で皇室の方々と一般の方々が向い合せに座られており、その中心にテーブルに、司会の方と5人くらいの人が座られました。

5人の中の1人が、今回入選された歌を詠むのですが、57577の句の詠み方が普通とは違って、1つの句の最後の音をすごく長く伸ばして、最後をちょっと上げるみたいな感じの詠み方をするのです。

その1人が詠みおわると、残りの4人がまるでコーラスを歌っているかのように、華やかにその歌を歌います。(これを何と表現するのかは難しいのですが)

私達が考える57577の歌の詠み方とは違って、昔ながらの歌会というものは、このようなものだったのかと初めて知り、なんとゆったりした時間なのだろうとびっくりしました。

NHKの解説の方が、詠んだ歌の作者と、その内容について説明してくれるので、歌の背景が理解できて、以外にも面白かったです。

今年の歌会のテーマは、「本」ということでした。この場合、書籍としての本を思い浮かべますが、このルールでは、歌のどこかに「本」という字が入って入ればいいということのようでした。

一番最年少の15歳の小林さんの歌が最初に紹介されました。

今日の新聞にも歌会始の歌が紹介されていましたので、いくつかを紹介させていただきます。

—————————

夕やみのせまる田に入り稔りたる稲の根本に鎌をあてがう

天皇陛下

来し方に本とふ文の林ありてその下陰に幾度いこひし

皇后陛下

—————————

山あひの紅葉深まる学び舎に本読み聞かす声はさやけし

皇太子さま

恩師より贈られし本ひもとけば若き学びの日々のなつかし

皇太子妃雅子さま

弟に本読み聞かせゐたる夜は旅する母を思ひてねむる

秋篠宮家次女佳子さま

来客の知らせ来たりてゆつくりと読みさしの本に栞入れたり

高円宮妃久子さま

—————————

おさがりの本を持つ子はもたぬ子に見せて戦後の授業はじまる

新潟県 吉楽さん(77)

大雪を片寄せ片寄せ一本の道を開けたり世と繋がりぬ

長野県 木下さん(72)

「あったよねこの本うちに」流された家の子が言ふ移動図書館

千葉県 平井さん(59)

二人して荷解き終へた新居には同じ二冊が並ぶ本棚

茨城県 五十嵐さん(57)

この本に全てがつまつてるわけぢやないだから私が続きを生きる

神奈川県 小林さん(15)

—————————
以上、いかがでしょうか。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

面接ではその人の素が見えるとうまくいく

どんな面接であっても、人と人とが相対して出会うわけですから、どちらもそれなりに気を使っていることは間違いありません。

そういう意味では、面接官が上で、面接を受ける人が下というようなことは全くないのです。

面接官も、あなた自身のことを知りたいし、どうしたらうまく話せてもらえるかということに努力しています。

面接官が最初に持つあなたの印象は、話す内容というよりは、話しているときの表情や、歩いたり、座ったりするときの姿にあるかもしれません。

「顔や目の表情」「真剣な表情」「笑っているときの表情」「考えているときの表情」などは、その人の人柄をあらわします。

話す内容にも、いろいろあります。

聞かれた内容に対して少ししか話さない人や、聞かれた内容とは違う内容を話してしまうような人もいます。

実のところ、話というのは、キャッチボールですから、1つの質問と1つの答えでワンセットではなくて、1つの質問に対して、1つ答えると、相手はさらにもう1つの質問をしたくなるというように、発展的に話が弾んでいくことが必要なのです。

話して楽しいという人は、出しゃばらずに、相手に話させながら、話をつなげていくことができる人です。

ヒューマン話し方教室には、初めての人が自分の話し方のご相談をするための「話力チェック&アドバイス」というサービスがあります。

ここに来られる方は、決して話が下手であるとか、自分から話せないという方ではなく、十分に社会の中でお仕事ができる立場にいる方がほとんどです。

このような方の悩みの1つとしては、「多くの人の前に出ると緊張してうまく話をすることができない」ということがあります。

友人や仲間内では問題なく話せても、いざ人前に出ると話せないということの本質は、「知らない人や、初めての人の前では緊張する」という心理にあるように思います。

実は、面接も緊張してしまうと、うまく自分を表現できずに、あっという間に終わってしまったということになってしまいます。

人が緊張することは、決して間違ったことではないのです。動物だって、初めての人にはなかなか慣れずに警戒するということはよくあります。

問題は、緊張した状態から、緊張をほぐす状態に変化することができるかという点です。

人と人が話していて、ふとした話で、相手の素の部分が見える瞬間があります。

恐らく、その時に相手のことが理解できて、相手との間が少し埋まった感じがするのではないでしょうか。

面接では、なるべく自分の素の部分を見せるようにしてください。そうすれば、面接官の心もほぐれて、話が弾んでくることと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

古典落語の笑いと温もり

皆さんは、落語に興味がおありでしょうか?

わざわざ落語を見に行くというほどではなくても、日本人であれば昔から落語を聞いたり、小噺を聞いたりしたことはあると思います。

日本には昔から落語家さんという話のプロがおります。もともとの落語のルーツは、仏教と縁が深いというらしいのですが、そういえばお坊さんの説教というものもユーモアがあり、なめらかで聞きやすい話し方をされているような気がします。

今では、スピーチとか、プレゼンとか言って、ビジネスの世界での話し方が注目されていますが、もともと日本では落語という洗練された文化があって、話を楽しむということが庶民レベルで行われてきているわけです。

また、落語の他にも、歴史物語を語る「講談」なども古くからの文化です。

それでは、「古典落語の笑いと温もり」と題した落語を見てください。

落語の特徴は、話をすべて暗記して、大きな声で滑舌よく、表情を出しながら話すということです。

このことは、実はスピーチやプレゼンの基本にもなっていることです。

落語には、最後にオチ(落ち)があるので、「落ちを持つお話」ということで落語と呼ばれるようになったそうです。

このオチの部分は、現在の漫才やお笑いにもあり、伝統が受け継がれているところも面白いところです。

話が面白いとか、話し方がうまいというのは、このオチをどこにもってくるかということなのかもしれません。

話し方に興味のある方は、ぜひ落語にも興味を持っていただければと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより