「歌会始」をテレビで初めて見ました

昨日、NHKで「歌会始」(うたかいはじめ)の様子が放送されていました。

何気なくテレビをつけていると、何やら厳かな中で皇室の方々と一般の方々が向い合せに座られており、その中心にテーブルに、司会の方と5人くらいの人が座られました。

5人の中の1人が、今回入選された歌を詠むのですが、57577の句の詠み方が普通とは違って、1つの句の最後の音をすごく長く伸ばして、最後をちょっと上げるみたいな感じの詠み方をするのです。

その1人が詠みおわると、残りの4人がまるでコーラスを歌っているかのように、華やかにその歌を歌います。(これを何と表現するのかは難しいのですが)

私達が考える57577の歌の詠み方とは違って、昔ながらの歌会というものは、このようなものだったのかと初めて知り、なんとゆったりした時間なのだろうとびっくりしました。

NHKの解説の方が、詠んだ歌の作者と、その内容について説明してくれるので、歌の背景が理解できて、以外にも面白かったです。

今年の歌会のテーマは、「本」ということでした。この場合、書籍としての本を思い浮かべますが、このルールでは、歌のどこかに「本」という字が入って入ればいいということのようでした。

一番最年少の15歳の小林さんの歌が最初に紹介されました。

今日の新聞にも歌会始の歌が紹介されていましたので、いくつかを紹介させていただきます。

—————————

夕やみのせまる田に入り稔りたる稲の根本に鎌をあてがう

天皇陛下

来し方に本とふ文の林ありてその下陰に幾度いこひし

皇后陛下

—————————

山あひの紅葉深まる学び舎に本読み聞かす声はさやけし

皇太子さま

恩師より贈られし本ひもとけば若き学びの日々のなつかし

皇太子妃雅子さま

弟に本読み聞かせゐたる夜は旅する母を思ひてねむる

秋篠宮家次女佳子さま

来客の知らせ来たりてゆつくりと読みさしの本に栞入れたり

高円宮妃久子さま

—————————

おさがりの本を持つ子はもたぬ子に見せて戦後の授業はじまる

新潟県 吉楽さん(77)

大雪を片寄せ片寄せ一本の道を開けたり世と繋がりぬ

長野県 木下さん(72)

「あったよねこの本うちに」流された家の子が言ふ移動図書館

千葉県 平井さん(59)

二人して荷解き終へた新居には同じ二冊が並ぶ本棚

茨城県 五十嵐さん(57)

この本に全てがつまつてるわけぢやないだから私が続きを生きる

神奈川県 小林さん(15)

—————————
以上、いかがでしょうか。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

面接ではその人の素が見えるとうまくいく

どんな面接であっても、人と人とが相対して出会うわけですから、どちらもそれなりに気を使っていることは間違いありません。

そういう意味では、面接官が上で、面接を受ける人が下というようなことは全くないのです。

面接官も、あなた自身のことを知りたいし、どうしたらうまく話せてもらえるかということに努力しています。

面接官が最初に持つあなたの印象は、話す内容というよりは、話しているときの表情や、歩いたり、座ったりするときの姿にあるかもしれません。

「顔や目の表情」「真剣な表情」「笑っているときの表情」「考えているときの表情」などは、その人の人柄をあらわします。

話す内容にも、いろいろあります。

聞かれた内容に対して少ししか話さない人や、聞かれた内容とは違う内容を話してしまうような人もいます。

実のところ、話というのは、キャッチボールですから、1つの質問と1つの答えでワンセットではなくて、1つの質問に対して、1つ答えると、相手はさらにもう1つの質問をしたくなるというように、発展的に話が弾んでいくことが必要なのです。

話して楽しいという人は、出しゃばらずに、相手に話させながら、話をつなげていくことができる人です。

ヒューマン話し方教室には、初めての人が自分の話し方のご相談をするための「話力チェック&アドバイス」というサービスがあります。

ここに来られる方は、決して話が下手であるとか、自分から話せないという方ではなく、十分に社会の中でお仕事ができる立場にいる方がほとんどです。

このような方の悩みの1つとしては、「多くの人の前に出ると緊張してうまく話をすることができない」ということがあります。

友人や仲間内では問題なく話せても、いざ人前に出ると話せないということの本質は、「知らない人や、初めての人の前では緊張する」という心理にあるように思います。

実は、面接も緊張してしまうと、うまく自分を表現できずに、あっという間に終わってしまったということになってしまいます。

人が緊張することは、決して間違ったことではないのです。動物だって、初めての人にはなかなか慣れずに警戒するということはよくあります。

問題は、緊張した状態から、緊張をほぐす状態に変化することができるかという点です。

人と人が話していて、ふとした話で、相手の素の部分が見える瞬間があります。

恐らく、その時に相手のことが理解できて、相手との間が少し埋まった感じがするのではないでしょうか。

面接では、なるべく自分の素の部分を見せるようにしてください。そうすれば、面接官の心もほぐれて、話が弾んでくることと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

古典落語の笑いと温もり

皆さんは、落語に興味がおありでしょうか?

わざわざ落語を見に行くというほどではなくても、日本人であれば昔から落語を聞いたり、小噺を聞いたりしたことはあると思います。

日本には昔から落語家さんという話のプロがおります。もともとの落語のルーツは、仏教と縁が深いというらしいのですが、そういえばお坊さんの説教というものもユーモアがあり、なめらかで聞きやすい話し方をされているような気がします。

今では、スピーチとか、プレゼンとか言って、ビジネスの世界での話し方が注目されていますが、もともと日本では落語という洗練された文化があって、話を楽しむということが庶民レベルで行われてきているわけです。

また、落語の他にも、歴史物語を語る「講談」なども古くからの文化です。

それでは、「古典落語の笑いと温もり」と題した落語を見てください。

落語の特徴は、話をすべて暗記して、大きな声で滑舌よく、表情を出しながら話すということです。

このことは、実はスピーチやプレゼンの基本にもなっていることです。

落語には、最後にオチ(落ち)があるので、「落ちを持つお話」ということで落語と呼ばれるようになったそうです。

このオチの部分は、現在の漫才やお笑いにもあり、伝統が受け継がれているところも面白いところです。

話が面白いとか、話し方がうまいというのは、このオチをどこにもってくるかということなのかもしれません。

話し方に興味のある方は、ぜひ落語にも興味を持っていただければと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

赤毛のアンの娘・リラと戦争の舞台裏

赤毛のアンの10巻は、アンの娘リラの物語です。

物語の中で、その頃起こった第一次世界大戦のことが長々と描かれており、アンの息子であるウォルター、ジェム、シャーリーの3人もカナダからヨーロッパの戦争に出征していきます。

残った家族や町の人々がどのような気持ちで出征した息子たちを待っていたかということが、細やかなタッチで描かれており、作者であるモンゴメリーの戦争体験が本の中から伝わってきます。

本の中では、ジェムがかわいがっていた犬のマンデイが、戦争が終わるまでの4年間を駅で待ち続ける姿も描かれており、涙をさそうものがあります。

第1次世界大戦は、ドイツ・オーストリア・ブルガリア・トルコの同盟国とイギリス・フランス・ロシアの連合国の間の戦争ですが、後にアメリカ・イタリアが連合国側として参戦しています。また日本も直接的ではないにしろ、当時の日英同盟のこともあり、連合国側として参戦しています。

赤毛のアンの舞台はカナダですが、カナダもイギリスと深い関係にあったため、多くの兵士がヨーロッパに出征したようです。

第1次世界大戦は、1914年~1918年の5年に及ぶ戦争で、900万人以上の兵士が亡くなった戦争です。

戦争自体が小説として描かれることは多いのですが、待つ側の人々も同じように戦っているということを描いているところにこの小説の深い意味があると思います。

NHKの朝ドラの「花子とアン」の中でも、白蓮の息子が出征して、その後戦死する物語が描かれていましたが、アンの息子であるウォルターもヨーロッパ戦線で戦死することになります。

ウォルターは子供の頃から詩を書くことが好きな子供でした。昔は今と違って、西洋では詩を書いたり、詩を人前で朗読したりすることが日常で行われていたようです。

日本で言えば、俳句や短歌のようなものだと思います。

ウォルターは、戦場で死ぬ前の晩に妹のリラに手紙を書きます。その手紙の中の一節に以下のような文章があります。

リラ。危険に瀕しているのは僕の愛する海から生まれた小さな島の運命ばかりではない。カナダや英国の運命ばかりでもない。人類の運命なのだ。そのためにわれわれは闘っているのだ。そしてわれわれは勝つだろう。そのことは一瞬たりとも疑ってはならないよ、リラ。なぜなら、闘っているのは生きている者ばかりではない。死んだ者たちも闘っているからだ。
(中略)
君は子供たちにわれわれがそのために闘って死んだ理念を教えるだろう。その理念はそのために死ななければならないと同時に、そのために生きなければならないこと、そうでないとそのために払った犠牲が無駄になるということを子供たちに教えてくれたまえ。これは君の役目だよ、リラ。

村岡花子さんも、戦時から戦後に赤毛のアンの翻訳をしながら、戦争で死んでいった人々の気持ちや、待っている人々の気持ちを後世の子供たちに伝えることに意味があると考えていたのではないでしょうか。

今年2015年は、第二次世界大戦終結から70年を迎えます。日本のみならず、まわりの多くの国や人々が巻き込まれた戦争のことをじっくりと考えて、未来に向けて正しい選択をする年になってほしいと切に願います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより