メンタルオアシスの必要性

昔と違って、家庭や会社を直接訪問する営業マンも少なくなってきました。

インターネットの世の中になって、なんでもネットという風潮が強くなっていますが、人と人とが直接会って話すということは、むしろ必要なことではないでしょうか。

昨今の生命保険や自動車保険では、ネット申し込みがあたりまえとなって、ネットで申し込むと割引が受けられるというような宣伝文句があふれています。

昔は、生保レディーがたくさんいた業界も、いまでは会社や家庭に直接訪問すると、逆に警戒されたり、セキュリティ上から建物に入れなかったりで、営業職の人員が大幅にカットされてきているように思います。

そういう意味で、今の時代、営業職ほど大変な商売はないのです。

昨年、保険会社の営業の人が直接訪ねてきて、お話を聞く機会がありました。その人は、別の業界から、保険業界に入ったばかりという新人の営業の人でした。

聞くと、ここ1ヶ月ほど営業しているが、1件も契約をとれないということでした。

昔のような義理人情の世界ではない時代に、人のつてもなく、一人で営業をしているという心細さはかなりなものだろうと思い、いろいろとお話しを伺いました。

いくらなんでもすぐに契約というわけにはいかないので、2回ほど通っていただいた後に、その方と保険の契約を結びました。

恐らく、正社員とはいっても、契約件数に応じて歩合制の給料だったりということなのだろうと思いますが、全く違う業界から保険の営業に転職して、すぐに成果を出せるほど簡単ではありません。結局、その人は今年に入り会社を辞めたとの報告がありました。

もともと厳しい営業の職種に思い切って就職したものの、成果が出せずに辞めてしまうというような人は、以外と多いのではないでしょうか。

働く中でのストレスには4つのタイプがあります。

  • 1つは、仕事が忙しすぎてかかるストレス
  • 1つは、仕事の成果が出なくてかかるストレス
  • 1つは、人間関係から来るストレス
  • 1つは、将来の不安から来るストレス

の4つです。

生活のため、働くことを辞めるということは難しいので、働きながらこれらの問題を解決しようと試みるのですが、実際には解決できずに、病気になったり、会社を辞めたりする人もいると思います。

このような中で必要なのは、「メンタルオアシス」だと思います。「メンタルオアシス」とは、「乾いた心を潤してくれる場所」という意味です。

人は、働く以上、ストレスなく働くということは不可能です。むしろ、ストレスがかかってもびくともしないくらいの強さを身に着けていくことが必要です。

実のところ、そういう強さを持っている人は、自分自身の中に「メンタルオアシス」を持っている人ではないかと思うのです。

よく酒を飲んだりしてストレスを解消しようとする人もいますが、ストレスは「そのことを人に話す」ということで、かなり解消します。自分の悩みを人に話すというような場こそが「メンタルオアシス」だと思うのです。

ストレスは薬を飲めば治るというようなものではありません。病院に行けば治るというものでもありません。自分のストレスを人に話すことができないという境遇の人は、むしろ思い切って誰かに話すことが大切です。そうすることで、何かが変わっていくと思います。

「一人で悩まない」ということが一番大切なことです。

話し方教室にも、人前で話すことがストレスになったり、自分の話し方がまわりから評価されていないことに不安を覚えストレスを抱えている人がやってきます。

ところが、話し方のレッスンの中で、自分の正直な気持ちを吐露したり、心の中をからっぽにしてトレーニングする中で、いつの間にか自分の中にあった不安やストレスが小さくなっていくのが感じられてくるようなのです。

つまり、「思い切り話す、思い切り声を出す」ということが大切なのです。

今、ストレスを抱え、悩んでいる方は、是非ヒューマン話し方教室にご相談ください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

相手の話が理解できない時に、どうするか?

緊張しないための日頃の話し方

相手が話している内容が自分にとってよく理解できないという場合があります。

そのような時、あなたはどんな態度をとりますか?

  1. 無表情で違う方向を見る
  2. わかったようなふりをして笑う。
  3. わかったようなふりをしてうなずく。
  4. わかったようなふりをして話を変える。
  5. 頭を傾けてわからないようなふりをする。
  6. わからないことを漠然と相手に伝える。
  7. もう一度説明してほしいと伝える。
  8. ここがわからなかったと具体的に伝える。

1対1で話している場合は、相手を無視するようなことはできませんし、わかったようなふりをしても、相手からそのことが察知されてしまうので、おそらく5~8の態度をとる人が多いと思います。

しかし、会社での10人程度の会議や、大きな会場で行うプレゼンなどの場合はどうでしょうか?

この場合は、わかったようなふりをする人が多いのではないかと思います。

もちろん、自分の勉強不足で話がわからない場合は別として、聞いている大勢の人がおそらく理解していないと考えられるような場合は、人数に関係なく話し手にきちんと質問をして、内容をみんなに理解できるように話してもらうことが必要です。

実は、「人前で話す」ことだけでなく、「人の話を聞いて質問する」ということも話し方の上達のために大切なことです。

大きな会議になればなるほど、人前で質問することは、緊張したりあがってしまうことが多いと思います。

ですから、緊張することが少ない日頃の小さな会議で、質問をする習慣をつけておくことが話し方の訓練につながります。

似たような話として、あなたが道を歩いていて、突然外国人から道を聞かれたとします。

外国語がわからないあなたは、どういう態度をしますか?

  1. わからないというジェスチャーをして逃げる。
  2. 日本語でわかりませんと言って逃げる。
  3. 言葉はわからなくても、必死に話している内容を聞こうとする。
  4. 内容がわかるような人のところまで連れて行く。

人から何かを聞かれたときに、きちんとその人の目を見て話を聞くことは、たとえ言葉がわからなくても相手に誠意だけは伝わります。

日頃からの小さな心がけが、あなたの話し方を少しずつ変えていくと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

新社会人としてのメールのマナーとは?

メールのマナー

いよいよ、あと一か月で学生から社会人へとステップアップされる方も多いと思います。

高校や大学を卒業されて就職される方にとっては、3月という時期はとても貴重な時期だと思います。

すでに会社の研修に入っているような場合もありますが、4月の入社前に、新しい住居を探したり、学生時代の友人と会ったり、どこかに旅行を楽しんだり、就職前に必要な勉強をしたりと、忙しい毎日を送っているのではないかと思います。

学生から、社会人になるということは考え方も変わっていくでしょうし、働くという意味について初めて考えることにもなると思います。

そういうフレッシュマンの方に1つだけ身に着けていただきたいのが、「メールのマナー」です。

恐らく、学生時代のメールは、いわゆる「要件だけのメール」とか「ラインやフェイスブックでの連絡」というような軽いタッチのメールで十分だったと思いますが、社会人が使うメールは、そのようなものとは全く違っています。

まずは、メールでの言葉使いを注意してください。

特に、仕事上のメールの文章、上司に向けたメールの文章、外部の会社の人へのメールの文章などは、十分に気を付けて文章を考えるようにしてください。

人とのアポイントメントも日時、場所、時間など細かく連絡する必要がありますし、そこで話し合う内容などについても、あらかじめ伝えておく必要があります。

メールだけで十分ではなく、あらかじめ電話で確認をとっておくことも必要な気配りです。

仕事上のパートナーと信頼関係を築くためには、電話とメールだけでなく、日々のコミュニケーションも重要な要素になります。

つまり、「仕事さえやればいい」と考えるのは大きな間違いで、「会社や組織全体の中で、どのような役割を果たせばいいのか」ということについて絶えず考えながら仕事をすることが大切です。

たかがメール1本であっても、その1本のメールで仕事の成功が大きく左右されることもあります。

そういう自覚をもって日々のメールの文章を作成しましょう。

具体的には、以下のような内容が必要です。

1.誰あて(会社名、部署、名前)に出すのか?
2.自分は何者(会社名、部署、名前)なのか?
3.要件は何なのか?
4.自分が何を相手に求めているのか?
5.相手の返信の期限はいつまでを希望するのか?
6.相手への敬意と感謝を述べる
7.署名(会社名、住所、メールアドレス、電話番号など)

このような7つの内容を意識してください。

直接話すのと違い、メールの内容に不足があると相手は内容を理解することが出来ないため、何度もメールを交わさなければならなくなります。

また、スケジュールや返信の希望を書かないと、いつまで経っても返信メールが来ないというようなこともあります。

できるだけ、相手の立場に立って理解しやすい文章を書くことが一番大切なことです。

また、相手により柔らかい文章にするのか、堅い文章にするのかも考えながら書くことが必要です。

このようにメール1つとっても学生と社会人は全く違うということを理解しながら、何事にも臆せずに、楽しく仕事をしていただければと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

学校の先生と親との会話で大切なことは何か

コミュニケーション

小学校や中学校のお子さんをお持ちの方が、担任の先生とどのような会話をすればいいのかと悩んでいる人が多いようです。

最近は、親がモンスターペアレントと呼ばれて、先生から恐れられているという現実もありますが、逆に先生に相談することができない「話べたなお母さん」もいるようです。

また逆に、先生側も、一部のモンスターペアレント的な親にびくびくしながら生徒指導をしているので、あえて問題に火をつけないよう一定の距離を置いている先生が多くなっているように思います。

いつの頃からか、先生と親が腹を割って子供の教育について話すというような関係がなくなったことは、とても不幸なことだと思います。

本日(2/16)のNHKの「あさイチ」で、この問題が取り上げられ、とても興味深い内容が話し合われました。

たまたまテレビを見ていたのですが、この問題の原因は、

1.子供に不利益が生じた時に、親は先生に謝罪を求める風潮がある。

2.先生は、親から責められないように絶えず防御の対策だけを考えている。

ということのようです。

つまり、親と先生の間に「子供をどう育てたらいいのか?」という問題より、「先生を評価する」とか、「親を評価する」ということが先にきていて、本末転倒の状態になっているようなのです。

私たちの一般の社会や会社でも、最近は「人が人を評価する」ということが一般的になってきていますが、果たしてそのこと自体は正しいのでしょうか?

裁判員制度などのように、時間をかけて情報を共有しながら、公平な立場で評価を下すならまだしも、強いものが、弱いものを一方的に評価するということでは、あまりにも殺伐とした世の中になってしまうような気がします。

このような中で、今日の「あさイチ」では、画期的な解決方法が紹介されました。

それは、

1.親は、子供の前では決して先生の悪口を言ってはいけない。

2.先生は、「その子供ひとりをどう育てるか」を親と話し合うようにする。

3.お互いに相手を思いやる話し方をする。

ということでした。

先生と親とが信頼関係を結ぶためには、「話し方」がとても大切です。

この話し方において大切なことは、

1.まず相手に敬意を払い、相手のことを褒めることから話し始める。

2.そのうえで感情的にならず、事実に基づいた話だけをする。

3.相手を責めるのではなく、問題点を解決する方法をいっしょに考える。

というようなことです。

これは、私たち一般の社会でも通用することだと思います。

いきなり、相手の非を追及するような話し方では、相手も防御の姿勢になってしまいますので、まずは相手を立て、感謝の意を伝えてから、問題点について話すということが、相手との信頼関係を深める上で、とても大切なことになると思います。

ヒューマン話し方教室では、このような人と人のコミュニケーションを円滑にする話し方もトレーニングすることができます。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

卒論の発表は失敗してもいい

卒論発表

学生にとって、卒業論文の発表会というものはとても緊張するものだと思います。

私も、今から何十年も前になりますが、卒論の発表会で大きな失敗をしました。

自分が一生懸命に行った研究について、生まれて初めて発表したのですが、なぜかその前に一度も担当の先生の前で練習することはありませんでした。

他の講座の学生は、リハーサルをやったところもあったようですが、私はスライドを作るのに精一杯で、リハーサルを見てもらう余裕がなかったのです。

いきなり本番という場面でも、昔から度胸はあったので緊張はあまりしなかったのですが、15分の持ち時間を10分もオーバーして話してしまい、かなりのひんしゅくを買いました。

後から、担当の先生に「発表で一番大切なことは、時間を守ることだ。」とこっぴどく叱られました。

自分では緊張はしていなかったと思っていたのですが、時間を知らせる呼び鈴の音が全く聞こえていなかったようで、実際にはかなり緊張していたのだと思いました。

それ以来、社会人になってからも「発表の時間を守って話す」ということを肝に銘じるようになり、振り返ってみると卒論の発表はいい経験になったと思っています。

この失敗で一番学んだことは、いかなるプレゼンであっても、自分が話したい全部を話してはいけないということでした。言い換えると、プレゼンで一番大切なことは、聴衆が聴きたいことだけを話すだけでいいということです。

プレゼンの時間は長ければいいというものではなく、「目的」、「手段」、「結果」というものが聴衆にわかりやすく伝わるかどうかが重要であり、そのためには短い時間で明瞭に話したほうが伝わりやすいことがあります。

会社での報告会などでも、「報告書はA4一枚にしろ」と上司からよく言われたものです。データは緻密で詳細に、でも報告は簡潔で分かりやすくということが、社会で生きていく職業人にとって必要なスキルになっていると思います。

卒業論文の発表内容は、学んできた内容によってさまざまだと思いますが、「失敗しても大丈夫」という気持ちで、元気いっぱいに自信を持って発表するのがいいと思います。