NHKスペシャル「見えず聞こえずとも」に感動

先日、夜遅くにNHKスペシャルの再放送をたまたま見る機会がありました。

その番組は、2015年5月3日に放送されたNHKスペシャルで、「見えず聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」という題名の番組でした。

京都府の北にある丹後半島の山あいに住んでいる梅木さんという夫婦の物語です。

NHKスペシャル

旦那さんの梅木好彦さんは、もともと武者小路実篤が提唱した自給自足の有機農法を宮崎県で学び、その後丹後半島の山の中で完全な自給自足の農業をしていたらしいのです。

一方奥さんの久代さんは、子供のころから耳と目が不自由だったそうで、長年裁縫の仕事をしていたのですが、51歳のときに完全に聴力と視力を失ったそうです。

旦那さんは、50歳ごろまでずっと独身だったのですが、50歳になって農業だけでなく人助けがしたいと思い、障害を持つ人のボランティアを始めたらしいのです。

そこで、知り合ったのが奥さんの久代さんでした。目と耳が不自由な久代さんと話すために、好彦さんは手話を学びました。目の見えない久代さんは、好彦さんの手話の手を触ることで会話を行うようになりました。

そして、お互い50歳を超えたころに結婚したそうです。

好彦さんは、ずっと山の中に住んでいましたので、人と会話することが全くなかったのですが、目と耳が不自由な久代さんは、とても明るい性格だったので、お互いによく会話するようになったそうです。

会話といっても口ではなく、お互いの手に触れながら行うのですが、手話だけではなく、手のひらに文字を書いたりといろんな手法で会話しているようでした。

久代さんは、目も見えず耳も聞こえないのですが、家の中の家事はすべてできます。台所での料理から家の掃除まですべて行っているのです。調味料や冷蔵庫の食材なども、手で触りながら確認して、料理を行うのです。

この様子をカメラで撮影しているのですが、旦那さんのお弁当や朝食を用意している姿を見て、人間の持つ生きる力に本当に驚きました。

それと、何と言ってもすばらしいのは旦那さんの奥さんへのやさしさです。奥さんの目となり耳となって、いっしょに買い物をする姿にも感動しました。

旦那さんは、毎日山の中にある小さな田畑まで車で行くのですが、その山の中には昔自給自足するために住んでいた家があります。その家の中で毎日一人でお弁当を食べているのです。

ここで、さらに驚くべきことがありました。自宅にいる久代さんは、パソコンで旦那さんの好彦さんにメールを打っているのです。目が見えない人用にキーボードで入力した文字を確認する装置があるようなのですが、とても慣れた手つきでパソコンを打っているのです。

一方、山の中の家では、好彦さんがパソコンで、久代さんからのメールを受け取っていました。耳が不自由な久代さんは電話ができませんから、パソコンが唯一の通信手段になっているだなあと思いました。

スマホでは、目の見えない人は文字が打てませんし、ボタンもどこにあるかがわかりませんが、パソコンのキーボードであれば、目の見えない人でも使えるんだということをあらためて理解しました。

旦那さんの好彦さんが68歳、妻の久代さんが65歳という年齢ですが、お互いに助け合いながら生きている姿に深い感動を覚えました。

世の中には、障害を持った人や病気をかかえた人がたくさんいますが、まわりの人と関りながら前向きな気持ちで生きていくことが一番大切なことだと思いました。

また、どんな状況であっても人は助け合うことで強く生きていけるんだなあと思いました。

皆さんも再放送があったら見ていただきたいと思います。

NHKスペシャルのページはこちらからどうぞ

ヒューマン話し方教室 スタッフより

ピース又吉「火花」の世界観

火花 又吉

最近、お笑い芸人のピースの一人、又吉直樹さんが書いた「火花」を読みました。

テレビなどでも紹介されて、純文学をお笑い芸人が書いたということで話題になっている本です。

又吉さんといえば、「太宰治」好きで、これまで沢山の本をこれまで読んでいて、NHKなどでも本に関わる番組なども見たことがありました。

どうして、こんな根暗ぽく見える人がお笑いなんかをやっているのだろうと傍からは見られがちな人だと思います。

そういう人が書いた本ということで、興味があって読むことにしました。

本を読んだ感想から言うと、「いったいこれは何を伝えたいと思ったのだろうか?」という疑問詞で終わってしまうような本でした。

もしかしたら、お笑い芸人のアイデンティティを伝えようとした本なのかもしれないとも思いました。

主人公は、どちらというと又吉さんに似たタイプかもしれませんが、もう一人の先輩芸人が実在する人なのか、それとも仮想の人なのかはわかりませんが、とても強烈な個性を持っているお笑い芸人です。

この先輩芸人と主人公の芸人の間の言葉の掛け合いがとてもシュールでなんとも理解しがたい部分があって、そこがお笑いの本質と生きる意味みたいなものを感じさせてくれました。

おそらく、この本を読んでわかったのは、明るい人だからお笑いに向いているとか、暗い人だからお笑いに向いていないというような表面的なことではなくて、純粋に面白いことを年齢に関係なく続けている「あほ」な生き方がお笑いの本質なのかもしれないと思いました。

ほとんどの人は、社会の規範とか、常識とか、他人の目とかを気にしながらその人の人生があると思いますが、本質的に面白いという純粋な目を持ち続けて生きることの大切さを主人公の目から伝えているように思いました。

人それぞれのアイデンティティーとその人の持って生まれた何かを見つめることが、大切なことを気づかせてくれるのかもしれません。

興味のある人は書店で手にとってみてください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

サイレント・コミュニケーションとは?

盲導犬

私たちのまわりには、多くの動物がいます。

ペットとして飼われている犬や猫もいるでしょうし、木々や庭先にいる小鳥、そしてゴミ置き場近くにいるカラス、さらには、駅のプラットフォームにいるハトなどもそうです。

彼らは、人間のように話すことはできませんが、彼らの持つ鳴き声や行動で、仲間とコミュニケーションをしています。

先日、いつものように電車に乗ると、一匹の盲導犬が電車の入り口にいました。

盲導犬のご主人は初老の女性の方のようでした。

電車の扉が閉まり動き出すと、盲導犬は、主人の傍らの床に小さく身を縮めて伏せの姿勢をとり、その尻尾はまわりの人の邪魔にならないように、自分の体のまわりにぴたっとつけて待機していました。

目的の駅に着くと、すでに理解しているようにすっくと立ち上がり、主人を連れて電車のドアから出ていきました。

私たちがペットとして飼っている動物も、口では話しませんが、態度や鳴き声で何かのコミュニケーションをとろうとします。

同じように、ベビーカーに乗せられて電車に入ってくる赤ちゃんがいます。

多くのまわりの人が赤ちゃんとみると、赤ちゃんもじっと見返して、いろんな表情を見せてくれます。

本来、私達人間も、原始的な生活を送っていた時代には、じっと相手をみたり、大きなジェスチャーをすることで、喜怒哀楽を表現していたのかもしれません。

いつの頃からか、言葉で支配される時代になり、言葉以外のコミュニケーションの方法を忘れてきているのが、私達人類なのかもしれません。

サイレント・コミュニケーションは、人間とペットの間だけでなく、人間どうしの間にも存在します。

相手をじっと見つめて、相手が望んでいることに思いを馳せることが、サイレント・コミュニケーションのはじまりです。

話す前に、話しながら、話し終わる時、聞く前に、聞きながら、聞き終わる時、そういう一瞬一瞬に、私たちは無意識のうちにサイレント・コミュニケーションを使っているように思います。

 

ヒューマン話し方教室 スタッフより

「アルジャーノンに花束を」を読んだことがありますか?

アルジャーノンに花束を

「アルジャーノンに花束を」という作品は、ダニエル・キイスによって書かれた作品で、今から49年も前の1966年に刊行された作品です。

日本語訳は、1978年に小尾芙佐(おびふさ)さんにより翻訳が行われており、その題名は誰もが一度は聞いたことがあると思います。

私も、本の題名だけは昔から知っていましたが、このたび初めて読む機会を得ました。

著者のダニエル・キイスさんは、昨年の2015年6月に86歳で他界されたそうですが、そのこともあってか、2015年4月からの金曜ドラマで山下智久さん主演で、この「アルジャーノンに花束を」の作品がドラマ化されたそうです。

番組のサイトはこちら
http://www.tbs.co.jp/algernon2015/

私はドラマの方は見ていませんが、書店で本を購入して、一気に読んでしまいました。

恐らく、この本はこれまで読んだどの本とも違い、読者の脳そのものに対しても、何等かの変化を及ぼすような影響を持っているように思いました。

ある意味で、一気に読まざるを得ないという緊迫感が伝わってきて、電車の中で読んでいたら、降りるべき駅を通り過ぎてしまったこともありました。

お話は、読んでからのお楽しみですが、本の裏にある簡単なあらすじだけをご紹介します。

「32歳になっても幼児なみの知能しかないチャーリー・ゴードン。
そんな彼に夢のような話が舞い込んだ。大学の先生が頭をよくしてくれるというのだ。
これにとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に検査を受ける。
やがて手術によりチャーリーの知能は向上していく・・・
天才に変貌した青年が愛や憎しみ、喜びや孤独を通して知る人の心の真実とは?
全世界が涙した不朽の名作。」

私が小学校の頃だったと思いますが、頭のよさを測るということでIQテストというものを受けさせられたことがありました。今考えると、どうしてそういうテストがあったのかは不思議なのですが、いつの時代においても、テストというもので、人を差別化する教育が行われてきたように思います。

しかし、一方で愛情や思いやりや友情や謙虚さといった人間の能力については、未だに目にみえる形であらわすことはできません。また、生まれつきの知能や障害といったものに対しての理解不足や、そのことによる差別という問題についても、未だに解決されていないように思います。

本書は、このような人間社会の持つ根元的な問題について真正面からとりくんだ画期的な小説であるように思いました。ぜひ、みなさんも読んでいただきたい一冊です。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

意識することで誠意が伝わる話し方になる

電話でも、メールでも、直接の会話においても、相手に対して誠意を持って話す(書く)ことで、コミュニケーションは格段にレベルアップします。

私も日頃から多くの方とお話しをする機会が多いのですが、仕事ができる人であっても、人間どうしのコミュニケーションが出来ていない方が多いように感じます。

決してノウハウ的なものではなく、コミュニケーションをとるためには、相手と完全に向き合うという心構えが一番必要です。

自分が逃げ腰だったり、相手の話しをきちんと聞いていなかったり、自分には関係ないというふりをしたりすることは、話している相手に対しても失礼ですし、何よりも自分中心主義だと見られてしまいます。

話しというものは、自分と相手の間のちょうど中間付近に浮かんでいて、それを両者がいろんな角度から具体的なものにしていくという作業だと思うのです。

相手から出てきた話しの種を、きちんと理解して具体的なものにしていく作業が、誠意のある話し方になります。

相手の話しの種を無視したり、違う話しの種に置き換えたりすることは、相手に対して失礼なことだと認識する必要があります。

逆に、自分が話す場合においても、相手がキャッチできる話しなのかどうか、話しの流れの中で自然な話しなのかどうか、など相手が考えていることも想定して内容や、話し方を変えていく必要があります。

一番悪い例としては、感情的になって言葉より感情が勝ってしまうことです。

早口になったり、売り言葉に買い言葉のような状態になってしまうと、信頼関係は一気に崩れ、コミュニケーションどころではなくなります。

このようなことにならないために、日頃から会話において大切にしておきたいことがあります。

1.相手が話している時、相手の目を見ること。

2.相手の話しの意図について、確認しながら会話を進めること。

3.間を置きながら、急がずに話すこと。

4.自分に関係ないと思った話しであっても、相手の立場になって聞くこと。

私も、コミュニケーションに関しては、これまで数々の失敗をしてきましたが、その失敗の多くは急ぎすぎて言葉を発している時に起こっているようです。

そういう反省もこめて、今回はこういう記事を書いてみました。

皆さんも、自分の日頃の会話を思い出して、きちんとコミュニケーションができているかをチェックしてみてください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより