原田マハさんの小説の中にあるもの

昨年暮れから今年の初めにかけて、原田マハさんの小説を読む機会がありました。

原田マハさんの名前の「マハ」はもちろんペンネームですが、浜田(ハマダ)さんだったかな~と名前を間違えそうになります。

たまたま書店で、30万分突破という本の帯につられて買ったのが、「本日は、お日柄もよく」という本でした。

「本日は、お日柄もよく」

原田マハ 本日は、お日柄もよく

この本の始まりは、主人公が友達の結婚式に参加して、あまりにも退屈な会社の社長のスピーチで、眠気が襲ってきて、スープの皿の中に顔を突っ込んでしまうというお話から始まっています。

ところがその後で、スピーチに立った見知らぬ女性のスピーチに引き込まれてしまうのです。

いったいスピーチとは何のか?人が感動するスピーチとはどうやって生まれてくるのか?

そういう疑問をもちながら、どんどんと読み進めることができる本です。

そして、人間の本当の強さとは、言葉の力とは、スピーチの極意とは?

といった本質的なことを教えてくれる本でもあります。

話し方教室のスタッフということもあって興味がわいた本でしたが、伝わる言葉を生み出すことと、その言葉を声として伝えることは、永遠のテーマだなあと感じました。

 

「生きるぼくら」

「本日は、お日柄もよく」を読み終えた頃、新橋の本屋さんで見つけたのが「生きるぼくら」でした。

原田マハ 生きるぼくら

この本の主人公は、ひきこもりです。学校でいじめにあって苦しんでいた主人公が、母にもその苦しみを伝えることなしに、学校を中退して社会に出て働こうとしますが、うまく行かずについには引きこもってしまったという状態です。

母は、朝から夜遅くまで働いていましたが、引きこもりの息子を抱える中で疲れ、とうとうアパートから出て行ってしまいます。

そこで、引きこもっていた主人公は、必死で行動を始めます。

現代社会の「ひきこもり」「母子家庭」「離婚」「痴呆」「介護」「就職難」などの大きな問題とりあげながら、人間の本質的に持っている強さをテーマにした、感動の物語です。

日本人の持つ昔からの人のつながりや、食文化のすばらしさなども散りばめられて、人生で一番大切なことを教えてくれる本だと思いました。

 

原田マハさんの本の根底に流れるもの

原田マハさんの本は、まだこの二冊しか読んでいないのですが、2つの本に共通して感じるのは、「人間は強く生きる力を持っている」ということです。

最初は、だれでも未熟であり、間違いもするけど、人と関わる生き方をする中で、少しずつ成長していくものなんだろうなということを感じさせてくれました。

もし、書店で目にしたら、ぜひ買ってよんでほしい本です。

 

ヒューマン話し方教室 スタッフより

受け売りの話は聞きたくない

よく、テレビでこんなことがあったとか、人からこんな話を聞いたとか、自分のことは全く話さないでただの情報だけを話す人がいます。

典型的なのは、Twitterのリツイートです。

ネットではこの種の受け売り話を流すことに、無駄な時間を費やしている人がたくさんいるようです。

ちなみに、ネットの「まとめサイト」などもこの部類ですが、まとめサイトは、情報をさらに捻じ曲げて伝えている場合もあり、そのまま信じてしまうと「うそ情報」を人に話してしまうことにもなります。

どんな情報であっても、その情報だけでなく、自分の考えや意思をいっしょに伝えるということをして、はじめて評価されると考えてください。

私達は、テレビやネットなどから、膨大な情報を流し聞いているわけなので、単なる情報だけの情報については、記憶に残ることはまずありません。

ただ、その情報を受け手が理解できるようなレベルまでわかりやすい情報にして、さらにその背景や意味合いを説明することで、単なる情報ではなく、「考え方」として頭の中に記憶されていくのだと思うのです。

実は、「話し」もそれとよく似ていて、「話し」だけではそれほど魅力があるわけではありません。それが「話し方」にまで高められたときに、人の心に残り、記憶に残るようになります。

これは、「歌詞」が「曲」として歌われたときに、その歌詞が記憶に残るということにも似ています。

教育についても同じです。教科書は同じであっても、「教え方」がいいと記憶に残るし、先生の印象もずっと記憶に残ります。

人が人を評価する瞬間は、「~~方」のレベルなのです。

そういう意味で、自分の話し方のレベルを高めていくことは、人生そのものを変えていく力を持ちます。

「話し方」「聞き方」「ふるまい方」「つきあい方」「食べ方」「仕事の仕方」「生活の仕方」など、「方」のつくものは、すべてそのレベルの高さが高いほど、あなたの品位を上げていきます。

急に間に合わせで「話し方がうまくなる本」なんか読んでも、すぐに話し方がうまくなるわけはありません。

それは、長い間の少しずつの努力や、ごまかしのない生き方をすることで、その人の言葉に真実味や重みが出てくると思うのです。

すべての事柄に通じて、「間に合わせの人生」ではなく、「正直で向上心のある人生」を生きようと思うことが、いい福を生み、人にいい影響を与えて、自分の人生も幸せになるのではないでしょうか。

2017年の初めにあたり、皆さまに福が来ることをお祈りします。

紅白の司会を見て感じたこと

今年の紅白を皆さんは見ましたか?

最近は見ていない人も増えているようですが、毎年見ているとその年の世相などがよくわかるので、私は毎年必ず見るようにしています。

毎年紅白を見て感じるのは、司会者にはその年にNHKにもっとも関わったタレントさんが起用されるため、はじめて大舞台の司会をするという方が以外と多いということです。

あれだけの国民的番組の司会をするわけですから、十分なリハーサルをやっているとは思いますが、毎たび感じるのは自信を持って司会をしているという感じではなくて、司会者が一番緊張していて、周りの人に助けてもらいながら司会をしているといった風景です。

本当は、NHKのアナウンサーが司会をすれば全く問題ない司会ができるのに、なぜ素人のタレントさんをいつも採用しているのか、と疑問を持つ人も多いのではないかと思います。

NHKの狙いとしては、不慣れな司会者の方が、皆が協力するので結果として和気あいあいとした歌番組が作れると考えているのかもしれません。

ただ、見ている国民も、この人大丈夫なのかなあ?と思いながら見ているのも事実で、そういう状態は、とても日本的な心で、まあ素人なんだからと大目に見て、よく頑張っているなあと思っている人もいれば、ちゃんと練習してるのかなと疑問に思う人もいるかと思います。

司会者が緊張して間違えるのも、織り込み済みの演出のひとつなのかもしれません。

生放送という失敗のできない舞台でやる紅白というイベントは、ある意味実験的な要素が高い番組なのかもしれません。

今回は、嵐の相葉くんと、女優の有村さんが白組、紅組代表の司会者でしたが、落ち着いた感じの有村さんに対して、いつもあわてている相葉くんという構図がなかなか傑作だったと思います。

いろいろと批判する人もいますが、自分が司会の立場だったら、そんなにうまくできる人なんてそうそういないと思います。

今回の紅白を見て、一番の発見は「ピコ太郎」のPPAPです。もちろんネットなどで何度も見たことはありましたが、ネタ的なパフォーマンスを大きな舞台でやってうけることができるのだろうかという思っていましたが、こちらの方は完璧なプロフェッショナルだったということがよくわかりました。

何が驚いたかというと、ピコ太郎さんは、とても滑舌のいい話し方をする人だということです。

This is a pen. This is an apple.

と歌っていますが、appleの前のanの部分も結構発音がよくてびっくりしました。

相葉くんの滑舌がいまいちだったので、ピコ太郎さんの滑舌が光ったのかもしれません。

そんなこんなで、ドタバタ劇の紅白でしたが、ある意味新鮮で楽しめた内容だったように思います。

アメリカの2人の大統領候補のディベートを見て感じること

2016年11月9日、本日アメリカ大統領選挙の結果が出て、ドナルド・トランプ氏が大統領の選挙に勝利しました。

マスコミの予想に反して、トランプさんが最後の最後に僅差での逆転で当選しました。アメリカ国民の全体の投票数もトランプさんの方が多かったので、民意を反映した結果になったようです。

アメリカの大統領選は、民主党と共和党それぞれの代表選がまずあり、その代表どうしが最終的に戦うという構図になっています。

今回ご紹介するのは、その最終戦として行われた大統領候補のディベートです。

9月から10月にかけて、ディベートは全部で3回行われ、すべてテレビ中継され、アメリカ国民から、大統領にふさわしいスピーチができるかどうかが試されることになります。

ディベート好きのアメリカでは、相手と議論を戦わせて勝てるような話ができるかどうかということを大統領の資質として評価しているようです。

英語が理解できない方も多いと思いますが、2人の大統領候補の手振りや身振り、顔の表情に注目してみていただくと、ヒラリーさんとトランプさんの違いがわかると思います。

 

1回目のディベート(2016/9/26、Hofstra University)
日本語訳はこちら

 

2回目のディベート(2016/10/9、Washington University)
日本語訳はこちら

 

3回目のディベート(2016/10/19、the University of Nevada)
日本語訳はこちら

この3つのディベートの中で、話し方として参考になるのは、マイクを手に持って話している2回目のディベートの姿だと思います。

面白いのは、それぞれの候補者の話し方の手振りです。

ヒラリーさんは、主に右手にマイクを持って、左手を大きく開いたり、上下したりしています。また、たまにマイクを左手に持ち替えて、右手を大きく前に開くぽーすをとったりしています。

そして、ヒラリーさんは、マイクを手全体で持っています。

一方、トランプさんは、主に左手にマイクを持ち、右手でポーズをとります。特にトランプさんの演説などでのポーズは右手の親指と人差し指の先をつなげて(日本ではお金をあらわすポーズ)、その手を上下に揺らすという特徴的な動きをします。

これは、お金持ちのトランプさんならではのポーズかもしれませんね。(笑)

そして、トランプさんのマイクの持ち方は2本指で持つという形です。

個人的に感じるのは、トランプさんは、暴言王とマスコミには言われていますが、話し方の姿は、どちらかというと女性ぽい感じを受けます。

逆にヒラリーさんの話し方の姿はとても男性的な感じを受けます。

ヒラリーさんの声はお腹から出ている感じのとても太い音として聞こえますが、それに比べるとトランプさんの声は、ちょっと薄い感じのハスキーな声に聞こえます。

話し方としては、どちらも個性的な感じがします。

 


ここで知っておくべきなのは、ディベートにはルールがあるということです。

1.あらかじめ決められたテーマがあります。

2.まず、それぞれがテーマに対する主張を述べます。

3.お互いの主張に対する反論を述べて戦います。

4.必ず交互に主張や反論を述べ、その話す時間は決まっています。

5.本来はジャッジがいて優劣を決めるのですが、この場合は視聴者がジャッジをすることになります。

私達には馴染みがないディベートですが、1つのテーマから外れずに話したり、相手の主張を理解して、そこに論理的に反論するなど、一方的に話すということではないので、かなりの経験が必要です。

単なる口喧嘩や、ディスカッション、説得などとは全く違うものです。

日頃から、ニュースや話題に触れ、賛成の考え方と反対の考え方をよく理解しておくことが大切だと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

「君の名は」=名前を忘れやすい人へ

君の名は

名前が覚えられない・・・

これは、一つの才能だと思うのですが、人の名前を一度聞いただけで覚えるという人がいます。

逆に、人の名前が覚えられず、いつも会っている人なのに、すぐに思い出せないという人もいます。

 

ご存じの方もいると思いますが、映画俳優の「トム・クルーズ」は、生まれながらに失読症という病気であったことを明かしています。

失読症というのは、文字がうまく認識できないという病気だそうです。ですから、トム・クルーズは映画やドラマの台本は、録音したものを何度も聴くことで覚えているそうです。

 

実際に、理解力や推察力は人並み以上にある人が、人の名前と顔を覚えられないということがあるのです。

これは一種の病気と言えば簡単ですが、実際には本人は大変な苦しみを抱えて生きていることになります。

 

覚えるための方法を考えることが大切

私達が、単に覚えたものを忘れるということは、日常的にもよくあることです。

覚えられないのは、自分の頭が悪いからだと思っている人が多いと思いますが、どんな問題があっても必ず解決できる手段も同時にあるものなのです。

トム・クルーズも、台本を文字ではなく音として何度も聴けば、問題なく覚えられたんです。

 

本当の事をいうと、私自身も、人の名前と顔を覚えるのがとても苦手です。名刺をいただいても、数日後には誰からもらったものかも忘れてしまうことがあります。ですから、名刺をいただいたときには、何度も反復して名前を覚えるようにしています。

最近、顔写真のついた名刺をいただくことがあって、これはいいなあと思ったことがあります。

でも、覚えるのが苦手な人は、どうやったら自分が覚えられるかという方法をあみだすことが必要だと思います。

人それぞれの「覚え方」が必ずあって、その流れに沿って覚えるといつまでも記憶の糸が切れずに覚えていることがあるように思うのです。

 

君の名は~記憶の糸を紡ぐ

「君の名は」という映画を、一昨日見ました。

記憶は時間と共に薄らいでいきますが、記憶を覚えていたいという気持ちと、自分が出会った人にいつかもう一度会いたいという気持ちは、誰しもが感じていることのような気がします。

ふと聞こえてくる音や、ふと匂ってくる香りなどで、記憶はすぅーと蘇ってくるものなのです。

 

人前に立って、日本語や外国語で話すという経験をした人は、その緊張感だけを覚えていて、話の内容は忘れているということが多いと思います。

その時の記憶がいい記憶になるのか、それとも悪い記憶になるのかは、実はたいした問題ではありません。

後になって思えば、そういう記憶を何度も重ねることが、不思議と自分の中に「なんとかできる」という自信を築いていることになっているはずです。

記憶することが苦手という人は、「声に出して」「こじつけでもいいから別の覚えやすいものに関連づけて」覚えるようにしてみてください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより