天皇陛下の年頭所感の文章を読んで

新年にあたり、天皇陛下が年頭所感(新年の挨拶)を発表されました。

昨年は大雪や大雨、さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ、家族や住む家をなくした人々の気持ちを察しています。

また、東日本大震災からは四度目の冬になり、放射能汚染により、かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。昨今の状況を思う時、それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ、地域を守っていくことが、いかに重要かということを感じています。

本年は終戦から七十年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。

この一年が、我が国の人々、そして世界の人々にとり、幸せな年となることを心より祈ります。

このご挨拶の中で、災害の多い日本で防災を考えることの大切さ、戦争が終わってから70年の節目を迎え、あの戦争の歴史を十分に学ぶことの大切さを強調されています。

この文章でのポイントは、「満州事変に始まるこの戦争の歴史」という部分ではないかと思います。

満州事変は1931年に起こった事件ですが、その3年前に起こった張作霖の乗る列車を当時の関東軍が爆破した事件が、そのきっかけを作っています。

この歴史の内容は、浅田次郎さんの小説「中原の虹」で詳細を学ぶことができますし、同じく「マンチュリアン・リポート」では列車爆破にいたる詳細までもが表現されています。

歴史を学ぶことは、1つの見方だけでなく、多角的な見方を学ぶという上でとても大切なことだと思います。

災害の歴史や、戦争の歴史というものは、年が経つにつれ風化して忘れ去られていくものですが、必ず同じような災害や戦争が再び私達にふりかかることが予想されます。

そのために、防災・防戦争という観点から、たえず過去の災害や戦争の状況を学び、関心を持ち続けていくことが必要であると、天皇陛下は言われているのだと思います。