「舟を編む」(三浦しをん)を読む

舟を編む 三浦しをん

2012年の本屋大賞第1位となった三浦しをんさんの「舟を編む」の文庫版を読みました。

これまで私が読んできた小説とは一風変わった小説で、これは実話なのかもしれないと思ってしまうような小説でした。

一冊の本を作ることも大変なことですが、「大辞典」という巨大な言葉の編纂事業に携わる人々の大変さがよく伝わってきました。

出版社の社員となったちょっと変わった青年が辞書作成に苦労している姿と、日本語を究極まで突き詰めていく妥協のない姿は、今現在出版社で働いている人々の本当の姿を映し出しているんだろうなと感じました。

何気なく言葉を使っている私たちには、想像もできない世界ですが、日本語の持つ複雑さと、言葉の大切さを感じさせてくれる本だと思います。

この本の中の一節に、長年辞書作成に関わってきたご高齢の松本先生の象徴的な言葉があります。

「言葉は、言葉を生みだす心は、権威や権力とはまったく無縁な、自由なものなのです。また、そうであらねばならない。自由な航海をするすべてのひとのために編まれた舟。「大渡海」がそういう辞書になるよう、ひきつづき気を引き締めてやっていきましょう」

日本では、辞書の編纂ということが国家ではなく、民間で行われているそうです。そういう意味で、言葉が自由であり、歴史の中で使われてきた言葉が長らく残っているのかもしれません。

私も年をとるにつれて、日本語の大切さを感じると共に、自分が正しい日本語を知らないということを恥ずかしく思うようになりました。

昔の人は、漢文やら漢詩やらをすらすらと言える人も多かったようですが、今ではそのようなことを全く知らない世代がほとんどです。

そのような中で、辞書を編む人々が黙々と言葉と格闘して、数十年の月日を経ながら一つの辞書を作っているかと思うと、頭が下がる思いです。

興味のある方は、是非ご一読ください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより