私達は言葉の進化の歴史のMTDNにいます

Line

私達が言葉というものを考える時、「文字」と「音」という2つの手段により、「意味」と「意思」を伝えていると言えるのではないでしょうか?

昨今の伝達手段としての「Mail」「Line」「SMS」というものは、文字として伝えるという部類だと思いますが、Lineについては、「スタンプ」という画像(イメージ)を使って、さらに直感的に伝えるという手法をとっています。

このLineという伝達ツールは、これまでになかった画期的な手法であり、ビジュアル的、漫画的な手法として、今後も独自に発展していくように思います。

私達の使っている日本語は、歴史的には、はじめは音として始まりました。

日本の成り立ちを書いた古事記は、7世紀~8世紀に、稗田阿礼(ひえだのあれ)が代々記憶して口承で伝えていた物語を文字として記録したものだと言われています。

現在、私達が使っている日本語は、「大和言葉」といわれている日本古来からの音による言葉と、隋や唐の時代に入ってきた「漢字」(外来語)が融合してできた言葉であると言われています。

日本で使われている漢字は、中国で本来使われていた音とは異なり、朝鮮半島からの帰化人の言葉や、当時の日本語と融合して、その音自体も、さらに意味自体も変化しながら現在の日本語になってきた歴史があります。

つまり、言葉とは時代と共に常に変化しているものだということです。

現在では、オランダやポルトガルからやってきた言葉が日本語化されていたり、英語からやってきた言葉がカタカナになっていたりして、日本語自体も、「かなりちゃんぽん」な言葉になっていると思います。

逆に、日本語から海外に出て行った言葉もあります。

「SAKE」「SUSHI」「MANGA」「BENTO」などがそれらになります。

さらに驚くのは、「DAI語」という新しい言葉も流行ったりしています。

DKB (大好物)
DSP(大失敗)
GC(ガチ)
GGDD(言語道断)
JS(人生って素晴らしい)
JSSK(上昇志向)
KKDI(健康第一)
MKS(負ける気がしない)
MM(マジムリ)
OYSM(おやすみ)
SWB(初心忘るべからず)
などです。

最初は「KY」(空気読めない)から始まったように思いますが、日本語の最初の文字をアルファベットで表すことが、今や普通の会話で使われていることもあります。

同じように、アメリカでもこのような言葉は流行っていて、特に、メールの中などで使われる言葉では、

ASAP (as soon as possible)
BTW (by the way)
OMG (Oh my god)
FYI (for your information)
lol (laugh out loud)・・・日本語の(笑)という感じです。
BRB (be right back)
BYOB (bring your own beverage/beer)
PLS (please)
TKS (thanks)
JK (just kidding)
NVM (never mind)
Cuz (because)

などや、さらに短くなると

I C. (I see.)
See ya. (See you.)
I love U. (I love you)
Thanks 4 your support. (Thans for your support.)

などもあります。

このような略号は、インターネットなどの進化によって文字情報で相手に言葉を伝えることが多くなってきた結果、よりシンプルに文字を使う手段を考えた結果だと思います。

ということで、私達は言葉の進化の歴史のMTDN(真っただ中)にいます。

このような言葉の進化は、新しい言葉というよりも、文字表現が形を変えて進化している現象だと思いますが、これらを端的に言えば、短い文が多くなって、長い文を書いたり、長い文を話したりという習慣が極端に減りつつあるということかもしれません。

言葉の持つイメージだけを投げて、それをキャッチしているだけで、本当の意味で「意味」や「意思」が伝わっているかどうかは、かなり疑問です。

当然、このような短い言葉のやり取りは、普段の友人との会話ではなりたちますが、人に対してきちんと正しく理解してほしい場合は、きちんとした日本語で話せるようにならないと、いずれ困ることになると思います。

このような意味からも、きちんとした日本語で、正しく会話ができたり、人前できちんとした話し方ができることこそが、逆に今の時代に必要とされてきていると思うのです。

このことは、日本語であっても、英語であっても、その他の言語であっても共通の問題だと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

人とぶつかることを嫌う人が増えているのはなぜか?

昨日、テレビを見ていたら、急成長している会社が紹介されていました。

その中で気になったのが、小さな会社の事務所の中で、パソコンに向かって仕事をしている10人くらいの社員たちです。彼らは黙々と仕事をしており、何時間も全く会話がない状態で仕事をしているという風景でした。

ところが、実際には、仕事上の話や、昼ごはんに何を食べるのかという私的な話も、すべてパソコン上のチャットで行われていたというのが真実だったのです。

つまり、目の前にいる人や、隣の人に対しても、声をかけることなしに、チャットで話すということがあたりまえになっている会社だったのです。

その理由としては、仕事をしている人に声をかけたりすると、仕事に集中している人に悪いという感覚のようでした。

一方で、この会社では会議というものはなくて、全員がチャット上で常にコミュニケーションすることで、問題点を担当者どうしや、全員で話し合うというシステムになっているようです。

このようなチャットでのコミュニケーションが、仕事を効率化させて、その結果、会社の売上が伸びて会社が急成長しているのではないかというようなお話でした。

この話に対して番組の出演者の人は、隣の人とチャットするより、直接話した方がいいんじゃないのという意見でしたが、私自身としてはこのような会社は確実に増えているような気がします。

1つの理由としては、日本の会社での会議は、時間だけを浪費し、非効率な会議になっていることが多々あると考えられるからです。

もう一つは、他人に対して直接口で話すよりも、キーボードを叩いてチャットで伝えるという方が、今の若いスマホ世代の人たちにとっては自然なことなのかもしれないと思うからです。

本来の話し言葉と同じような感覚で、書き言葉を使うという習慣は、スマホ世代ではないおじさんやおばさんには理解できないことですが、若い頃からツイッターやラインなどで、つぶやきを発信してきた世代にとっては、そのほうが話した内容も残るし、無駄がないという感覚なのかもしれません。

「無駄がない」「合理的」「時間の節約」という言葉に反論できる人は少ないと思いますが、恐らくこの会社での働き方を見た人は、「何らかの違和感」を感じたと思います。

その「違和感」を言葉で表現するのは難しいのですが、それは本来人間には、他人と話すための口があって、口で話すことが不自由というわけではない人どうしが、同じ空間の中でパソコンのチャットという別の手段で意思を伝えているという不自然さではないかと思うのです。

その根底には、「人の邪魔をしない」「人の時間を無駄にしない」という考えがありますが、逆に考えれば、「自分の邪魔をしてほしくない」「自分の時間を無駄にされたくない」という心理があるように思うのです。

直接目を見て、口で話すということは、ある意味自分をさらけ出して、対決するという部分があります。一方、チャットでの言葉は、それとは違って一種のフィルターがかけられた言葉になるように思います。

簡単に言えば、チャットではどうしても踏み込めない部分、特に相手の心の中に踏み込めない部分があるように思います。

人と意見が違うことでぶつかって、それをとことん議論しながら、相手の言いたいことを深く理解してゆくという過程は、時間の無駄かもしれませんが、私達が生きていく社会ではとても大切なことだと思うのです。

確かに合理性や時短ということが会社の中では求められていますが、社会全体が合理性や時短に支配されてしまうと、私達自身にとっても、とても生きにくい社会になってしまうように気がするのです。

そのような意味でも、パソコンを通して行うチャットはほどほどにして、いろんな人たちと顔を合わせながらおしゃべりする時間をぜひ持っていただきたいと思うのです。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

本番で緊張しないために オリンピック選手に学べ!

日本リレー
産経フォトより引用)

リオオリンピックも終わり、その感動も少しづつ覚めてきたころです。

テレビを見ていると、4年間の長い鍛錬がその一瞬で決まるように思えますが、実際には多くの修羅場を経験している人たちなので、以外と冷静に自分のポジションをわかっていてプレイしているのだと思います。

たとえうまくいかなくても、全力を出しきれば、それは当然の結果と納得できるのだと思います。

なぜ、トップアスリートの人たちは、あれほどのプレッシャーの中で、あわてることなくプレーできるのでしょうか?

それは、肉体的なトレーニング(フィジカルトレーニング)と併せて、最近では必ずメンタルトレーニングというものを取り入れて、常にプラス思考で考えるように自分を切り替えていける自信をつけているからだと思うのです。

このような結果、今回は多くのメダルを獲得することができたと思うのです。

特に、銅メダルの多さがそれを物語っています。

どのアスリートも、金メダルをめざして戦っていますが、金メダルをとれるのはたった一人だけであり、実力があっても必ずとれるものとは決まっていません。

もし、準決勝で敗れたとしても、そこで挫けてしまうのではなく、緊張感を持続して銅メダルを取るために集中するという姿に、私達は感動するのだと思います。

実は、メダルを取れなかったけれども、4位、5位、6位、7位、8位までに入賞した日本人も、すべての競技にわたってかなりの人数がいて、本当はそのような人たちにも光を当てて、メディアが報道することが大切ではないかと思います。

よく、試合を終えた選手が話す内容で

「自分の100%の力が出せなかったのでくやしい」とか

「負けたけど、100%の力で戦ったので悔いはない」とか

一見して反対の言葉のように思えますが、実は同じ意味ではないかと思うことがあります。

実は、勝ったときよりも負けたときの対応が大切だと思うのです。

 

テレビを見ていると、銀メダルや銅メダルを受賞しているのに、表彰台ではくやしそうな顔をして、全く笑わないという選手がいます。

一方で、選手の中には、銀メダルや銅メダルであっても、金メダルを取った選手を笑顔で祝福して、拍手をしている人も多いと思います。

このように、同じ環境にいても、自分のことだけを考えて悲観的になっている姿よりも、周りの人たちに対して、感謝の気持ちや祝福の気持ちを持てる人の方が、人間的にすばらしいと思うのです。

たとえ自分の力が足らずに勝利できなくても、それをプラス思考に変えられるメンタリティこそが、人間的な幅を広げて、みんなに認められる人間になっていくのだと思います。

 

私達も、日々仕事をする中、人とつきあう中で、多くの失敗をすることがあると思います。

でも、失敗した時こそが、自分を大きく変えていける時だと思うべきです。

むしろ、成功ばかりの人生を歩んでいる人は、人間的にもろく、いざという時には頼りになりません。

多くの失敗や苦難を経験し、それを糧として自分の進むべき道をたくましく進むことこそが、生きていくうえで最も大切なことだと思うのです。

 

ヒューマン話し方教室がめざしているのは、「話し方」を通しての人間の成長です。

「話し方」というテーマを真剣に考え、発声・滑舌というトレーニングや、スピーチを何度も行い、話す事に慣れていくトレーニング、そのようなことが、「トークジム」で行われています。

一方、メンタル面については、自分の深層心理を深く追求して、なりたい自分の姿をイメージして、それを行動まで結びつけるためのトレーニングがあります。そのようなことが「アインデンティティートレーニング」です。

オリンピックのアスリートと同じように、フィジカル面とメンタル面の両方から、話し方を強化するプログラムが組まれています。

しかし、大切なことは「強い自分になりたい」という気持ちだと思うのです。

そういう意味で、アスリートと同じように、その気持ちを高め、常に新しくチャレンジする気持ちを持って、日々の生活の中で、前進していくことが大切だと思います。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

未来の自分を支える言葉を持つことの大切さ

先日、やっと東京都の都知事選挙が終わり、小池百合子さんが知事になりました。

知事に当選した小池さんの話す姿を見るにつけ、昔テレビでキャスターとして活躍していた人が、政治の世界に入って、これほどまでに的確で、そつがなく、自信に満ちた話しができるようになったのは、もともとその人が持っている素質と経験とがうまく織りなされた結果ではないかと思うのです。

そのあたりの話は直接本人に聞くことは難しいと思いますが、以前にNHKの「探検バクモン」という番組だと思うのですが、爆笑問題の太田さんと田中さんが、小池さんの国会の事務所を訪ねてインタビューをしたことがありました。

その時にも、太田さんや田中さんの突っ込みにも、余裕で答えていたので、やはりこの人は政治家としての器量がそなわっているなと思いました。

一昨日、小池都知事が誕生して、最初の記者会見が開かれ、その中のスピーチの最後に大西洋無着陸横断飛行で知られるリンドバーク氏の奥さんであり、作家としても知られる、アン・モロー・リンドバーグさんの名言を引き合いに出されました。

「成長や改革 変化の中にこそ 本当の安定があるのです。」

という言葉です。

止まっていることが安定ではなく、成長・改革・変化をしていることが、本当の安定だという意味だと思います。

小池知事のこれからの都政にかける気持ちを表している言葉だと思いました。

リンドバーグ夫妻
横浜わが街シリーズ  リンディ夫妻の喜びより写真引用)

 

同時に、私達も生きる上や、仕事をする上で、心の中に強く感じる言葉(名言)を持つことが、もしかしたら未来の自分に向かってエールを送ることになるのかもしれないと思いました。

その言葉は、単に「いい言葉」というより、その時点での自分に「最適な言葉」でいいのかもしれません。

そういう言葉を心に刻むことで、自分の中に自信が生まれ、負けない自分を作っていけるのではないかと思うのです。

このような話の流れの中で、私自身も名言をいくつか探してみましたので紹介させていただきます。

分析心理学の祖といわれる「フロイト」の言葉です。

「あなたが向き合わなかった問題は、いずれ運命として出会うことになる。」

「他人に対して感じる”いらだち”や”不快感”は、自分がどんな人間なのかを教えてくれる。」

「生きることには、意味があるとも言えるし、意味がないとも言える。私は両者の戦いの末に意味があるという結論にたどり着きたい。」

さて、いかがですか?

あなたもあなたに合った名言を探してみてください。

ヒューマン話し方教室 スタッフより

私たち日本人のアイデンティティとは何なのか?

私たちのアイデンティティとは何なのでしょうか?
日本人として生まれ、日本語を話し、日本という国に住んで、何のために生きているのでしょうか?

仕事で忙しい人は、自分のアイデンティティに対して、悩む時間はありません。
むしろ、自分のアイデンティティを考えると今の生き方に不安を持つかもしれません。

一方、仕事を失ったときには、自分のアイデンティティについて深く考える時間を持つことができます。
しかし、そんなことを考えるより、再び仕事に就いて、そういうことに悩まない生活をしたいと考えます。

実のところ、人はそれほど強くないために、自分のアイデンティティに正面から立ち向かうということを避けたり、ごまかしたりして生きているのかもしれません。

昨日のニュースで、7月7日に永 六輔さんが亡くなられたことを知りました。
永さんは、昭和一桁世代として、戦争を経験して、そのことを多くの人に伝えなければという思いで晩年を生きていたようです。

戦争が終わった翌年の1946年の4月に、雑誌「新潮」から坂口安吾氏の「堕落論」が発表されます。
戦争の混乱の中で、出されたこの衝撃的な文章は、当時の日本人のアイデンティティに大きな影響を与えたものとして有名です。

先日、この「堕落論」に触れる機会があり、読んでみたのですが、とても興味深い文面でした。
かなり難しい文章ですが、興味のある方は、読んでみてください。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42620_21407.html

私なりにこの文章を解釈することは、かなり難しいことなのですが、最後の文章の中の

「人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。そして人の如くに日本も亦堕ちることが必要であろう。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。」

という言葉が印象的でした。

坂口安吾の「堕ちる」という言葉は、「堕落する」という意味ではなく「公の考え方(常識)に頼ることを拒否して、素の自分を見つめ続けること」に相当するのではないかと思われます。

戦後の混乱の時代に、アイデンティティをなくし彷徨う日本人に、堕ちるところまで、しっかりと堕ちて、自分を見つめなおすことが大切だと問いかけたのではないかと思います。

私自身も、この文章に触れて、時代に左右されず、常識に左右されず、肩書きに左右させず、自分自身の心のあり方をしっかりと見つめることが、アイデンティティを考えることなのだと気づかされました。

ヒューマン話し方教室 スタッフより